近年、小学生の間でもジュニアプロテインやサプリメントを飲むのが普通になってきました。

小学生にサプリメントは早いかな?と感じる保護者の方もいると思いますが、全国の強豪クラブチームなどでは、チーム単位でサプリメントやプロテインを取り入れているチームも多々あります。

dr02

今回は「小学生世代から食育」することの重要性についてお話します。中学生、高校生になってから後悔しないためにしっかり理解してください。

運動をする子は、1日3食では足りていない

同じ小学生でも、普通の小学生もいれば、少年野球やサッカーのクラブチームに所属していて運動量の多い子もいます。

運動量が普通の子は、1日3食しっかり食べればエネルギー量(カロリー)はこと足ります。(栄養素に関しては偏りがちになりますが…)

しかし、運動量の多い子は1日3食ではエネルギー量、栄養素量ともに不足してしまいます。

dr02

運動量の多い子は、補食やサプリメントなどでエネルギーや栄養素を常に補給する必要があるのです。

学校が終わってから練習がある日などに補食を摂らなければ、給食から家に帰って夕食を食べるまでに8時間程空いてしまうことになります。

これでは練習に集中できませんし、怪我の原因にもなります。

練習前に摂るべき補食練習前に食べる時間があるなら、おにぎりやサンドイッチなどの糖質を補給するのが良いですね。時間がない場合は、バナナやナッツ類で素早く補給しましょう。

練習後に摂るべき補食運動後すぐは食事が喉を通らないので、ジュニサプなど砂糖や人工甘味料の入っていないサプリや、プロテインで栄養補給・筋肉の修復をするのが良いですね。

小学生用のサプリメントやジュニアプロテインの大半は、多くの砂糖や人工甘味料、香料、着色料などが含まれているものが多いので、内容成分は親御さんがしっかりチェックしてあげて下さい。

dr02

砂糖や人工甘味料は中毒性があるので、子供の頃から摂らせ過ぎるのは危険です。

子供に安全なサプリメントを選んであげるためのポイント

dr02

まずは商品の裏側に記載されている「内容成分表」を必ず確認してください。

例えば、私が小学生向けサプリメントとして良いなと思っている「ジュニサプ」の場合、裏面の内容成分はこのようになります。

ドロマイト、デキストリン、亜鉛含有酵母、還元麦芽糖、卵黄蛋白加水分解物(卵を含む)、カゼインホスホペプチド(乳成分を含む)、コラーゲンペプチド(ゼラチンを含む)、黒酵母由来β-グルカン/卵殻Ca(卵を含む)、サンゴCa、セルロース、V.C、L-アルギニン、ピロリン酸第二鉄、ステアリン酸Ca、L-ロイシン、シェラック、ナイアシン、L-バリン、Lイソロイシン、V.E、V.B6、V.B2、V.B1、V.A、葉酸、V.K、V.D、V.B12

この成分表の表記ルールは、配合量の多い順番に記載する必要があります。ジュニサプの場合、ドロマイトという成分です。

ドロマイトとは珊瑚などの生物が海底に堆積して石灰岩になった後、カルシウムの一部が海水中のマグネシウムで置き換わって生成した生物由来の鉱石です。天然のミネラル素材のひとつで「カルシウムとマグネシウム」が2対1の理想的なバランスで含まれている素材です。

子供用サプリメントやジュニアプロテインの商品の多くは、一番最初に砂糖やグラニュー糖などの甘味料が配合されています。

dr02

毎日飲むものなので、ここだけはこだわって商品選びしてください。

ジュニサプを確認してみる