tuhukiji24-01

痛風の原因は体内尿酸値が上がることですが、その原因の一つには、食べ物に含まれているプリン体があります。それを食べ物として摂取することで、プリン体が体内に取り込まれ。肝臓で消化される過程で尿酸が作られるためです。
では、どんな食品にプリン体が多いのでしょうか。

1.尿酸値が上がる食品はこれ!

1. 内臓肉(ホルモン)

tuhukiji24-02

プリン体が多い食品の代表は、内臓肉です。
具体的には、レバー、モツ、ホルモン、鶏の砂肝、心臓等です。
したがって、これらの食品は食べないか、食べても少量にすることが望ましいと言えます。

2. 肉類全般

tuhukiji24-03

痛風が「ぜいたく病」とかつて言われたように、肉食を好む方に痛風患者が多いことは知られています。これは、内臓肉でなくても肉類にはプリン体が多く含まれているためです。

ということは、家族や親しい友人と焼き肉屋に行き、ビールを飲みながら焼き肉をたらふく食べる・・・。これこそ、体内尿酸値を上げてしまう代表的な行動にほかなりません。ビールはプリン体を多く含むだけでなく、脱水作用もありますから、体の水分がどんどん出ていき、尿酸濃度は上がってしまいます。
美味しい焼き肉をたくさん食べるか、痛風になって猛烈な痛みを経験するか・・・あなたはどっちを選びますか?

また魚についても同様で、後述する魚卵よりは少ないですが、白身魚よりは赤身魚にプリン体は多く含まれています。青魚にも多いです。

3. 魚卵類

shutterstock_396029857

プリン体はまた、イクラ、スジコ、タラコ、明太子、白子など、魚の卵にも多く含まれています。
これは、プリン体がDNAを形成するために必要な物質であるためです。卵は受精してから孵化するまでの間、外部から栄養を摂ることができませんから、内部に蓄えられた養分に100%頼るほかありません。プリン体が卵に多く含まれるのは、当然であると言えます。

4. 干物等

shutterstock_370727993

イワシやアジの干物、かつお節、干しシイタケ、ベーコン、コンビーフ、かまぼこなどです。
その他では、豆類、アルコール(特に醸造酒)、甘いお菓子にプリン体は多く含まれます。

2.尿酸値が上がる調理方法って?

shutterstock_411010963

食品と同じように注意しなくてはならないのは、調理法です。
干物もその一つであると言えますが、見落としがちなのは、スープです。
例えばラーメンのスープを考えてみましょう。ここには、鶏・豚・牛の骨や煮干し、カツオ節が使われていますね。そしてプリン体とは、水によく溶けやすいという性質を持っています。
すなわちラーメンのスープとは、プリン体のスープでもあるのです。

「ラーメンなら内臓肉も入っていないから、スープまで飲んでも安全」と思うのは大きな間違いです。焼き肉+ビール+しめのラーメンというセットはもう、痛風の王道を行くようなものです。
同様に、鍋を食べたあとの雑炊、インスタントスープ等にも、風味をよくするために肉エキスが使われています。飲むのであれば、少量にしておきましょう。

それを別の観点から見ると、同じ牛肉を食べるのなら、茹でてプリン体を溶かしだしてしまったほうがいいことになります。
ですから、ステーキよりはしゃぶしゃぶのほうが摂取するプリン体は少なくて済みますね。

ここまでをまとめると、次のようになります。
 ・レバー、モツ、ホルモン、鶏の砂肝等
 ・牛肉、七面鳥
・ソーセージなど腸詰肉、
・マグロ、サーモン、鯖
・魚卵(イクラ、スジコ、タラコ、明太子、白子など)、あん肝
・イワシやアジの干物、かつお節、干しシイタケ、ベーコン、コンビーフ、かまぼこなど
・豆類、アルコール(特に醸造酒)、甘いお菓子にプリン体
・ラーメンの汁、インスタントスープ
普段、何気なく食べている食品の中に尿酸値を上げるものってこんなにたくさんあるんです。

3. 食生活のちょっとした工夫で尿酸値は下がります

shutterstock_89863756

上に述べた内容をざっくりと見てみると、「美味しい食べ物」にプリン体が多く含まれていると思われます。
では、これらの食べ物にだけ気をつけていればいいかと言うと、実はそうでもありません。
それは、尿酸値の上下には食生活も関わってくるからです。

尿酸値を下げる、あるいは、低く保っておくためには、規則正しい食生活も大切なのです。
朝食抜き、1日1回夕食だけのドカ食い、野菜を食べないなど偏った食生活、インスタント食品やファストフードの多用などなど、例はいくらでもあげられます。

特に現代は便利な社会で、お菓子や弁当は、スーパーやコンビニなど、どこでも手に入ります。がそれらは、時間が経っても悪くなりにくいように、濃い味つけがされています。
また居酒屋等で出てくる一品料理は、それ自体として美味しいかどうかという観点で味付けけがされているので、塩分量は全く考えられていないと言っていいでしょう。それに、お酒のつまみには濃い味のほうが合っていますし、人は美味しいと感じるものなのです。
高い塩分は体内に水分を蓄え(むくみ)、排出を妨げてしまいます。

これらの点を踏まえ、外食するときにはサラダを頼む、冷や奴には醤油ではなくポン酢をかける、などの工夫をしましょう。そうした工夫を積み重ねることで、プリン体や塩分の摂取を少なくすることができるのです。