tuhukiji18-1

食生活や肥満が痛風の原因となっているのは、よく知られています。
しかしその一方で、ストレスもまた痛風の原因であることは、あまり知られていません。厳密に言えば、ストレスは痛風の直接原因というよりは、体内で高くなっている尿酸値をさらに上げてしまうという働きを持っています。
昔から言われている言葉に、「病は気から」というのがあります。
悩み事や心配事で気持ちが沈んでいると、そこから病気になってしまうという意味ですが、これはあながち嘘ではないのです。
ここでは、痛風とストレスとの関係について考えてみます。

1.そもそもストレスって何?

tuhukiji18-2

人間は他の動物と比べて脳が非常に発達していますから、心理的要素が個人の行動や生活に大きな永久を及ぼします。労働安全衛生の研究では、悩み事や心配事がある状態で仕事をすると、労働災害が増えると言われています。
確かに、仕事も手につかない心理状態で仕事をしていては、手元足元や作業手順はおろそかになり、怪我しやすくなるのは容易に想像できることです。

冒頭にストレスと書きましたが、厳密には、外部から人に影響を及ぼす要因をストレッサーと言い、これに該当するのは、悩み事、心配事、不安、友人との人間関係、仕事仲間や上司との人間関係です。
そしてストレスとは、それら要因によって起きる睡眠不足やうつ状態をストレス反応といいます。
が一般的に、両者はあまり厳密に区別されていないので、ここでは両者をまとめて「ストレス」と呼ぶことにします。

2.ストレスによる免疫力の低下が尿酸値を上げる!

さてストレスを受けると、人間は様々な反応を起こします。それは、ストレスに対する体や心の防御反応でもあります。
・ 見て見ぬふりをする
・ 都合良く解釈する
・ 人のせいにする
・ お酒を飲んで忘れる
などです。

しかしそれで解決しないと、いよいよ体に影響が及んできます。
・ 疲れが取れない
・ 睡眠不足になる
・ 顔色が悪い
・ 気分が憂鬱になる、外出したくない
・ 食欲がなくなる
・ 体重が減る
・ 部屋に引きこもる
などです。
こうなると、体の免疫力が低下してきます。
免疫力とは、体を守る働きの一つで、生物が長い進化をした過程で身につけたものです。空中にたくさん浮かんでいる細菌やウイルス、カビ等から体を守っているのは、この免疫力があるからですね。
しかし、ストレスによって気持ちが沈んでくると、その免疫力までが低下してきます。すると
・ 風邪を引きやすくなる
・ 下痢しやすくなる
・ 皮膚に湿疹ができる
などの症状が現れてきます。

そして免疫力の低下は、体の内部でも悪い反応を起こしています。そのうちの一つが、尿酸値の上昇です。ちなみに(長くなるので触れませんが)ガンの原因の一つも、免疫力の低下です。

3.中高年とストレス

tuhukiji18-3

そして、痛風を発症する年齢である中高年と、仕事等でストレスが多くなる年齢は、ほぼ一致しているのです。
仕事では中間管理職など部下を監督する立場になり、責任も増えてきます。家庭では子供の教育やマイホーム購入、夫婦間のあつれき、親の介護などなど・・・。
まさに、一気に増えてくるストレスが尿酸値を上げる方向に作用してくると言えます。

ストレスを最も受けやすい臓器は、胃です。ストレス性胃潰瘍は、よく知られていますね。
それと同様、腎臓もストレスの影響を受けて尿酸を排出しにくくなってしまいます。
まさに、「病は気から」の状態になってしまうのです。

4.ストレスを受けやすい性格がある

しかし、誰もがストレスを受けて胃潰瘍になるわけではありませんね。
ストレスを受けやすい性格があります。それは
・ 几帳面
・ 神経質
・ 責任感が強い
・ 完璧主義である
・ 自分を抑えて人に合わせることが多い
・ 悩みを一人で抱えこむ
・ 心配性である
などです。
該当する項目が多ければ多いほど、ストレスを受けやすいと言え、そこに仕事や家庭の問題がふりかかると、心は一気に沈んでしまい、そうなると体の状態も悪化してしまいます。

なお、「気性が激しい」「せっかちである」「常に動き回っている」「自信家で、自分の意見を押し通す」などの特徴を持つ方は「A型人間」と言われ、心疾患にかかる可能性が高いことが知られています。
心理状態と病気とは、実に密接な関係にあるのです。

5.ストレスを発散させよう

tuhukiji18-1

となると解決方法としては、ストレスをためない、ストレスを感じそうになったら先手を打って早めに対策する、ストレスを解消する方法を身につける、などが必要です。例えば
・ 日頃から夫婦間の会話をする
・ 仕事なら、起こりうるトラブルを想定し、事前に手を打っておく
・ 介護等においては、行政等の相談を利用する
・ 「飲みニケーション」など、お酒を上手に活用する
などです。
しかし、実際にはなかなそう上手くいかないのが現実です。
そこで、自分なりのストレス解消方法を作っておくのをお勧めします。
例えば、休日には(仕事関係でなく)友人とゴルフをする、ドライブする、好きなアーティストのコンサートに行くなどです。

以上述べたことは痛風になってからも当てはまることですから、上手にストレスを解消して、痛風とつきあっていって下さいね。

shutterstock_219137458

痛風が治るサプリランキング1位はこれ!