shutterstock_315771779

痛風にかかった方には、幾つか共通している点があります。
それを列記すると、美食家、揚げ物などの高カロリー食好き、肉好き、酒好き、運動嫌い、メタボリックシンドロームと呼ばれる肥満体、せっかち、筋肉質・・・などがあります。
そして、高血圧も痛風にかかっている方にはよく見られる症状です。

1.大元は生活習慣

ただし注意しておきたいことは、痛風と高血圧には、直接の相関関係はないということです。
痛風は、尿酸値が高いことで起きる病気であって、放置すれば痛風腎となって腎臓に尿酸結晶がたまって腎臓機能を低下させます。その点において、痛風と痛風腎には密接な関係がありますね。

しかし、痛風になったから高血圧になるわけではなく、高血圧になったから痛風になるというものでもありません。
しかし、両者を発症している方が多いという事実は、確かな傾向としてあります。その原因とは、何でしょうか。
それは、長年の生活習慣からくるものなのです。

2.肥満による高血圧

tuhukiji12-02

つまり、美食や高カロリー食を長く続けていると、体は中性脂肪をため込みやすくなりますから、その結果、肥満体になります。肥満になると、大きくなった体の隅々まで血液を送らなければなりませんから、心臓が血液を送り出すポンプ圧力は高くなりますね。これが、肥満によって起きる高血圧です。

3.塩分過多による高血圧

それと同時に、美食や高カロリー食、食べ過ぎは、必然的に摂取塩分量を増やしてしまいます。
なぜなら、外食する食事にはたくさんの塩分が含まれています。
おおむねそれらは、1食あるいは1日あたりの塩分はあまり考慮されておらず、その一品が美味しいかどうかという観点で味付けけがされているためです。

また、お酒のつまみを思い浮かべてみれば、塩分が多いことにすぐ気づきます。
例えば、日本酒のつまみである刺身につける醤油、塩辛、漬け物、焼き魚。どれもしょっぱいものばかりですよね。
そして揚げ物にも、意外に多くの塩分が含まれています。さらに揚げ物は多量の油を含んでいますから、カロリーが高いうえに、中性脂肪を増やす原料を食べているようなものです。

3.痛風が原因ではない他の要因

tuhukiji12-03

そう考えると、中高年の男性が、接待あるいは週末にビールをはじめお酒を飲み、塩分の多いつまみを食べ、最後に「〆のラーメン」を食べてスープまで飲み干す・・・。
ありがちな光景ですが、実はこれこそ、痛風と高血圧の両方になるための最短距離を歩んでいることに他なりません。
これを読んでいて、「俺だ!」と思い当たる方も多いのではないでしょうか。

更に、高血圧になる他の要因としては、次のものがあげられます。

1. 煙草

煙草に含まれるニコチンは血管を収縮させる働きがありますので、高血圧の原因となります。

2. ストレス

仕事上のトラブル、人間関係、家庭内の悩み事などなど、現代人にはストレスがたくさんあります。
ストレスだけでも血圧を上げる要因になりますし、ストレスが元で「やけ酒」や「やけ食い」をしてしまったら、体に悪いことは明らかです。

このように、痛風および高血圧になる要因は密接に関連しており、そのために両者を発症する方が多いと言えるのです。

4.痛風による高血圧の対策

一番いいのは、若いうちから食事やアルコール量に気をつけ、痛風になりにくい体質を維持していくことですが、誰しも若いうちは、自分は大丈夫と思っているものです。ついつい食べ過ぎたり、お酒を飲み過ぎてしまい、中高年になって痛風を発症し、痛みに愕然とするという場合が多いことでしょう。

tuhukiji12-04

したがって対策は、痛風や高血圧を発症してから、いかに適切に治療し、血圧を下げるかということになります。
その点、血圧を下げるためには、既に述べたように血圧を上げる反対のことをすればいいわけです。

すなわち、

①. アルコールは控えめにする

日本酒やワインなら1合まで、ウイスキーならダブル1杯までと、適量を守ることです。
なお、ビールはあまり飲まないほうがいいですよね。

②. 過食や美食を避け、常に塩分摂取量を気にする

最近、スーパー等で売られている食品には、含有ナトリウム量が表示されています。
ただしこれはナトリウムであって、食塩=塩化ナトリウムの量ではないことに注意する必要があります。
食塩相当量にするには、ナトリウム量を2.54倍しなければなりません。
仮に、表示されているナトリウム量が2.0グラムであれば、食塩相当量としては、
2.0*2.54=5.08グラムとなります。
この5.04が気にすべき食塩量ですから、忘れないで下さいね。

塩分を控える簡単な方法としては、ラーメンのスープは残す、醤油やソースはなるべくかけない、味噌汁は薄味にするか夜は控える、などの方法があります。
いずれも簡単にできる方法ですから、是非試してみて下さい。

③. ストレスをためない

なかなか難しいことですが、ものごとを楽観的に考える、仕事の段取り方法を根本から見直してみる、などの方法で解決できる場合があります。

このように、痛風と高血圧は密接な関係にあります。
しかし、心がけや生活習慣を変えることによって解決できますから、是非ともチャレンジしてみて下さいね。

tuhukiji12-05

尿酸値が高かった300人が選ぶ尿酸値を下げるサプリメント最新ランキング、4年連続第1位は!