toukiji04-1

糖尿病の初期は自覚症状が出ないのです。

「え、じゃあ、どうすれば糖尿病だってわかるの?」という答えが返ってきそうですが、健康診断や人間ドッグで指摘されたり、他の病気で病院にかかったときに発見されたりするケースが多く、自覚症状を訴えて受診するというケースは少ないようです。

中には、気づかないうちに糖尿病の合併症が進行して、「目が見えなくなった」、「足がしびれる」などの症状が出て初めて糖尿病が見つかる方もいるぐらいです。

糖尿病の初期の症状にはどのようなものがあるのでしょうか?予防と早期発見へとつなげるために糖尿病の初期症状について一緒にみていきましょう。

tuhukiji17-7

1.糖尿病の初期の症状って?

糖尿病になっている方は血液中にブドウ糖が多く溜まっている状態であり、高血糖を起こしています。

以下は、高血糖状態が継続することによってみられる症状です。

・喉が渇き、水分を欲しがる
・口の中が粘つく
・トイレの回数、尿の量が多く、夜中に何度もトイレへ行く
・易疲労性、体のだるさを訴える
・食べているのに痩せてきた
・吹き出物ができやすい
・皮膚が乾燥しやすい
・怪我などの傷が治りにくい
・こむら返りを良く起こす
・記憶力が低下する
・眠気が強い
・尿検査で糖がプラスとなる
・血液検査の血糖値が高値となる

以上のような症状がみられるようになりますが、本人は気が付いていないことが多く、糖尿病の治療を始め、血糖がコントロールされてから、「そういえば最近のどの渇きもなくなったし、トイレの回数も減ったなぁ。疲れにくくなって調子が良い。」と思う方が多いのです。

それほど、糖尿病の初期症状は自覚しにくく、非常にゆっくりと時間をかけて進んでいきます。糖尿病の三大合併症である、糖尿病神経障害、糖尿病網膜症、糖尿病腎症が起こってからでは症状を抑える対処療法しか道が無くなります。

症状が出る前から予防を行っていくことが大切ですよ。

2.高血糖症状の起こる仕組みって?

shutterstock_321863402

高血糖状態になると血液中に溜まっているブドウ糖を、腎臓が尿として排出しようと働くため頻尿となり、トイレの回数が多くなります。

頻尿になると、体内の水分が外へと排出されて体の中の水分量が減ってくるため、口の中がネバネバした感じや喉の渇き、皮膚が乾燥するなどの症状がでてきます。

高血糖状態がある程度続くと、インスリンの分泌量も少なくなり、インスリンの効き目も悪くなってきます。

そうなると、ブドウ糖を脳や体を動かすためのエネルギーに変換することができなくなるので、脳や体の中のエネルギーが足りない状態となります。

・ 疲れやすくなったり、眠くなったり、ぼーっとしがちとなり、記憶力が低下する
・ 体の代謝も悪くなり、吹き出物ができやすく、傷が治りにくくなる
・ 電解質のバランスの崩れもみられるようになり、こむら返りをよく起こす
・ 体が足りないエネルギーを筋肉や脂肪から得ようとするため、食べていても体重が減る

体重が減りだすと大変危険な状態です。食生活を整え、適度な運動を行い、糖尿病の予防を心がけるとともに、早い段階で治療に取り掛かれるように定期的な検診を受けるようにしましょう。

3.糖尿病ケトアシドーシスって?

toukiji04-4

糖尿病ケトアシドーシスとは、糖尿病の急性合併症で、インスリンが極端に足りなくなり、高血糖、高ケトン血症、代謝性アシドーシスを起こして脱水症状や腹痛、早くて深い呼吸の増加などがみられます。

重症例では糖尿病昏睡という意識障害や、血圧低下によるショック症状を起こして命に関わる状態となるため、糖尿病専門医のいる病院へ緊急搬送が必要です。

1型糖尿病で多くみられ、1型糖尿病の発見がこの糖尿病ケトアシドーシスの発症によることもあります。

最近では2型糖尿病でもみられ、糖分がたくさん含まれている炭酸飲料や清涼飲料、スポーツ飲料などを一気に多量に摂取して急激な血糖値の上昇を起こすペットボトル症候群によって、ケトアシドーシスを起こすことがあります。

4.糖尿病と動脈硬化の関係

toukiji04-3

糖尿病となって高血糖の状態が続くと、まだ症状の軽い早い段階からみられる血管障害が動脈硬化です。

動脈硬化が進行すると心筋梗塞や脳梗塞、狭心症、閉塞性動脈硬化症など様々な疾患のリスクを高めます。

動脈硬化は、内臓脂肪型肥満や食後の高血糖が症状を進めることがわかっており、日頃から腹八分目の食事と筋肉を動かす運動習慣を身に着けること、肥満の人は体重を落とすこと、良好な血糖コントロールを図ることが予防・改善の鍵となります。