tuhukiji13-2

糖尿病にかかっている人が注意すべきこと。合併症もそうですが、もっと毎日の生活の中で気を付けたいことがあるのです。それは、風邪などの感染症です。寒い冬や、人込みの中の外出は要注意ですよ。

風邪以外の感染症にもかかりやすいので、冬場ならインフルエンザなど、夏場なら胃腸風邪などの感染症の流行情報をチェックして、感染症をもらいやすい場所には行かないようにするのも一つの対策ですね。

「風邪ぐらい引いてもどうってことないでしょ。」という声が聞こえてきそうですが、糖尿病の方はたかが風邪でも重症化する傾向にあるのです。もし、感染症にかかってしまったら、「たかが風邪」と放っておかず、早めに受診するようにしましょうね。

ここでは、そんな私たちの生活に身近な感染症と糖尿病について詳しく解説していきます。

1.糖尿病患者が感染症にかかりやすい理由って?

tuhukiji09-1

1. 細菌などの病原体に対する抵抗力の低下

体内に細菌などの病原体が侵入すると、好中球が病原体を取り込んで、消化、分解、殺菌しますが、血糖値が高くなると、この働きが低下します。

また、前に一度感染したことのある病原体に対して免疫を作り、防御できる機能が働きますが、この機能も血糖が高くなると低下します。

2. 血流の低下

糖尿病になると末梢血管や内臓の血流が悪くなり、体の隅々まで酸素や栄養、白血球などが運ばれず、細胞や組織の働きが低下して感染症にかかりやすくなります。

細胞や組織の働きが低下しているので感染症にかかった際は回復に時間を要し、抗生物質などの薬も血流の低下によって運ばれにくいため、治りにくくなります。

3. 糖尿病性神経障害の影響

糖尿病性神経障害で自律神経が障害されると内臓の働きが鈍くなり、感染症を起こしやすくなります。

膀胱や胆のうの収縮が悪くなり、尿が膀胱内に残ると尿路感染症に、胆汁が胆のう内に残ると胆のう炎になりやすくなります。

4. 血糖値の上昇

感染症にかかると血糖値を上げるホルモンやインスリンが効きにくくなる物質が多くなります。健常者では血糖値を保つためにインスリンの分泌量が多くなりますが、糖尿病患者はその働きが十分でないため血糖値がいつもより上昇します。

血糖値が高くなると、糖尿病そのものが悪化し、感染症が治りにくくなる悪循環が生じます。

2.感染症にかかった場合の注意点って?

shutterstock_292683233

<シックデイって何?>

糖尿病患者が感染症にかかり、発熱や嘔吐、下痢、食欲不振などの症状が出る場合をシックデイといいます。シックデイ時は以下のようなことが起こりやすくなります。

1. 高血糖、低血糖が起こりやすい

感染症にかかっているときは高血糖だけではなく、低血糖も起きやすい状態となっています。

食事や水分が摂れず血糖値がいつもより低いのに血糖値降下薬やインスリン注射を用いて低血糖が起こる他、脱水が起きているときも低血糖が起こりやすくなります。

2. 急性合併症の発症

・ ケトアシドーシス

血液中にケトン体が溜まった状態で、吐き気、腹痛などがみられ、重症化すると意識障害や昏睡が起こります。

普段インスリン注射をしている方が食事を摂れず、自己判断でインスリン注射を中止した時などに起こります。食欲がない時にも血糖値測定を行い、医師の指示のもとにインスリン注射を継続しましょう。

・ 高血糖高浸透圧症候群

shutterstock_321863402

高度の脱水が起こり、血流が悪くなって臓器不全を起こします。

ただでさえ、感染症時は高血糖となりやすいのですが、それに加えて食事や水分が摂れない時や発熱、下痢がみられる時などは体内の水分が減って血液が濃くなり、血糖値がさらに高くなって高度の脱水状態となります。

糖尿病の方は脱水になっても喉の渇きを感じず、水分を摂らない傾向があるのでこまめに水分摂取をしましょう。

3. 重症化しやすい

糖尿病患者が感染症にかかると抵抗力の低下から重症化しやすく、別の感染症を併発することも多くみられます。回復にも時間がかかります。

感染症にかかった時は、水分をこまめに摂るようにし、お粥などの消化吸収の良い炭水化物やビタミンCを多く含む果物などを口にするようにしましょう。「栄養をたくさんつけないと」と食べ過ぎるとかえって血糖コントロールを悪くしますよ。

また、自己判断で薬の服用やインスリン注射は中止せず、受診して医師の指示に従うようにしましょう。

3.かかりやすい感染症って?その予防は?

tuhukiji15-2

尿路感染症、上気道炎(風邪)、肺炎、結核、胆のう炎、外耳道炎、皮膚感染症(水虫など)、歯周病などの感染症にかかりやすく重症化しやすいため、かからないための予防が必要です。

・ 身体の血流を良くし、病原体に対する抵抗力をアップするために、毎日、栄養バランスの摂れた食事と運動を心掛け、健康的な生活を送るようにしましょう。ストレスを貯めないことも大切です。

・ 全身を清潔に保ち、身体に変化がないかチェックすることも感染症の予防と早期発見に有効です。

・ 一番の感染症予防は血糖コントロールの改善です。血糖値が高い期間が長いほど感染症にかかりやすくなります。良好な血糖コントロールを保ち、感染症の予防を図りましょう。