tuhukiji05-1

糖尿病の三大合併症のひとつである糖尿病性網膜症は、日本の視覚障害の原因、第二位にランクインしています。

どれぐらいかかる人が多いかというと、糖尿病にかかっているうちのおよそ4割の方が糖尿病性網膜症を発症しているといわれており、ほぼ2人に1人がかかっていると言えますよね。

50~60代の方に多く、まだまだ働き盛りの時期に、視力の低下や突然の失明など、大きなハンディキャップを背負うことになる病気なのです。

生活する上で大きな支障となる視覚障害をもたらす糖尿病性網膜症。どのような病気なのでしょうか?どうして失明までに至るのでしょうか?ここでは糖尿病性網膜症について詳しくみていきましょう。

1.糖尿病性網膜症って?

tuhukiji09-2

網膜とは目の奥にある薄い膜で、光の明暗や色を感じ取る役割をしており、ものを見るために重要な組織です。

糖尿病になり高血糖状態が続くと、
・ 網膜に張り巡らされた細い血管が詰まりや変形を起こして流れが悪くなる。
           ↓
・ 網膜に十分な酸素が送られなくなって、新しい血管(新生血管)を作り代償しようとする。
           ↓
・ 新生血管はもろく破れやすいので出血を起こす。
           ↓
・ 網膜や硝子体内に出血が広がると視力低下が起こる。
          ↓
・ 繰り返し出血すると増殖膜という膜が作られ、網膜が引き剥がされて網膜剥離が起こる。
           ↓
・ 網膜剥離が起こると視力が大きく低下し、進行すると失明に至る。

という流れで失明にまで至ります。

網膜症の進行度

網膜症の症状の進行度は段階別に次のように分けられます。

① 単純網膜症

・ 状態:網膜の血管が高血糖によってもろくなり、点状出血、斑状出血といわれる小さな出血や、毛細血管がこぶ状に膨らんでできる毛細血管瘤、血液の中の成分が染み出してシミができる硬性白斑が現れます。

・ 症状:自覚症状はなく、血糖コントロールの改善を図ると症状はなくなります。

② 増殖前網膜症

・ 状態:血管が詰まって網膜に十分な酸素が行き渡らなくなる状態です。
酸素不足が起きている部分にシミ様の軟性白斑がみられ、静脈が腫れあがる異常や、不規則な形の最小血管がみられます。足りない酸素を補うために新生血管が作られ始める前の段階です。

・ 症状:自覚症状はほとんどありませんが、目のかすみや視力低下がみられることもあります。

③ 増殖網膜症

・ 状態:網膜に酸素が行き渡らなくなり、虚血状態となって網膜や硝子体にも新生血管が伸び始めます。
新生血管は非常にもろく、破れると網膜や硝子体内に出血を起こして黒い小さな影が見える飛蚊症や、出血が広がると大幅な視力低下が起こります。

・ 症状:新生血管から血液中の成分が染み出して硝子体と網膜の間に増殖膜が作られると、増殖膜が網膜を引き剥がして網膜剥離が起こり、視力低下や失明に至ることもあります。

④ 増殖停止網膜症

・ 状態:治療によって、網膜の新生血管や増殖膜の発生が停止している状態ですが、症状が再度、進行し始めることもあるので定期的な検査が必要です。

2.糖尿病性網膜症と併発する目の病気って?

tuhukiji08-3

黄斑症

網膜の中心にあり、視力に直接かかわる働きをしている黄斑付近に毛細血管瘤や白斑などができ、障害を受けると視力の低下が起こります。糖尿病性網膜症では、黄斑部分が浮腫む黄斑浮腫という症状が良くみられます。

血管新生緑内障

眼球の前方にある虹彩部分に新生血管が発生し、虹彩にあるシュレム管という眼球内の水分を排出する穴を新生血管が塞ぐと、眼球内の圧力が高まります。眼球内の圧力が高くなると視神経が圧迫され、視野が狭くなります。

3.糖尿病性網膜症の検査って?

tuhukiji05-02

糖尿病性網膜症は初期症状がなく進行し、気づいた時には大きな視力低下や失明に至る病気です。検査を定期的に行い、早期発見、早期治療に努めましょう。

網膜症の診断には、眼科医による精密眼底検査必要です。必要に応じて蛍光眼底検査や超音波検査が実施されます。

<精密眼底検査を受ける目安>

・ 網膜症を発症していない人:半年~1年に1回
・ 単純網膜症の人:3~6カ月に1回。
・ 増殖前網膜症の人:1~2カ月に1回。
・ 増殖網膜症の人:2週間~1か月に1回。
・ 増殖停止網膜症の人:2~6カ月に1回。

4.糖尿病性網膜症はどんな治療をするの?

tuhukiji06-4

単純網膜症の段階では血糖コントロールの改善で良くなりますが、増殖前網膜症以上では、血糖コントロールの改善を基本にしたうえで、レーザー光凝固術、硝子体手術、薬物療法が併せて行われます。

<レーザー光凝固術って?>

レーザー光凝固術は、血流が悪くなっている網膜へレーザー光を照射し、新生血管の新たな発生を防ぎます。あくまでも症状の進行を防ぐための治療であり、黄斑浮腫の場合以外は、視力改善は望めません。

<硝子体手術って?>

硝子体手術は、硝子体内の出血や混濁を切除して新生血管の発生を抑えることや、増殖膜を取り除き、網膜剥離を防ぐことなどを行います。

<薬物療法って?>

網膜が酸素不足になると発生し、白斑や新生血管を起こす要因となるVEGF(血管内皮細胞増殖因子)を抑制する抗VEGF薬やステロイド薬などが用いられます。