toukiji01-01

「家族や親戚、知り合いが糖尿病です。」という方は意外と多いのではないでしょうか?年々患者数は増え続けており、日本の2016年の糖尿病患者数はなんと316万人というから驚きです。

それほど私たちにとって身近な病気となった糖尿病は、まさに現代病の象徴ともいえる病気なのです。

糖尿病の原因は食べ過ぎや運動不足、太りすぎやストレスなどの生活習慣です。誰でもなり得る可能性があるのです。それに、糖尿病になりやすい体質の遺伝も加わるとより発症しやすい環境となります。家族に糖尿病がいる方は要注意ですよ。

糖尿病は何が怖いかといったら、知らないうちに進行していき、ある日突然、心筋梗塞や脳卒中を起こして命の危険にさらされることや、失明、足の切断、一生、人工透析が必要な体となることがある病気だからです。

けれども、早いうちに対処をすれば症状の進行や合併症の発症を防ぐこともできますよ。

これから糖尿病について一緒に学び、予防や糖尿病になっても早い段階での正しい対処が行なえるようにしていきましょう。

糖尿病になるとなぜ血糖値が高くなるの?

toukiji20

血糖(ブドウ糖)は食べたものから得られており、体や脳を働かすためには必要不可欠なものですが、増えすぎると体に悪影響を及ぼします。

血液中の血糖は、膵臓から分泌されるインスリンというホルモンによって適切な量が保たれていますが、何らかの原因によって「インスリンの量が減ってしまうとき」、「インスリンの働きが効きにくくなるとき」に血糖の量が増えたままとなり、血糖値が高くなります。

糖尿病の原因

toukiji01-02

糖尿病は進行性の疾患で完治は難しく、一度発症すると一生涯の付き合いです。

糖尿病になると、一定に保たれているはずの血糖値が高値となり、体に様々な影響を及ぼします。

なぜ糖尿病になるのでしょうか?ならない人となる人の違いとは何なのでしょうか?

そんな疑問が多い糖尿病の原因について、ここでわかりやすく説明していきます。

糖尿病の遺伝的要因

shutterstock_246686527

日本人は昔から和食中心の質素な食生活を送ってきたので、肉食中心の欧米人に比べると、少ないインスリンの分泌量でまかなってきました。その体質を持つ日本人が欧米化の食生活を送るようになって、だんだんインスリンの分泌量や働きが対応しきれなくなり、糖尿病となりやすくなったといわれています。
それに加えて、もともと糖尿病になりやすい体質が家族性で遺伝することもわかっています。家族に糖尿病患者がいる方は、自分も糖尿病になりやすいということを認識しておく必要がありますね。

自己免疫疾患、ウイルス感染が関係していることも

膵臓のインスリンを作るβ細胞が壊れてしまい、インスリンが全く分泌されず、高血糖状態が続く糖尿病をⅠ型糖尿病といいます。

Ⅰ型糖尿病は、病原菌などの異物から体を守るために働く免疫システムが、突然、膵臓のβ細胞を攻撃して破壊してしまう自己免疫疾患によるものや、ウイルス感染がきっかけとなって発症する場合がほとんどです。

Ⅰ型糖尿病の発症にも、もともと糖尿病になりやすい体質が関係していると言われています。

年を取ったら糖尿病になりやすい?

shutterstock_113849278

糖尿病は40歳以上の中高年に多くみられ、加齢とともに糖尿病の発症率は上がるといわれています。

加齢に伴って、血糖値のコントロール機能が低下しやすく、その背景には、加齢によるインスリン分泌量の低下と、体力や筋力の低下、体脂肪の増加に伴ってインスリンの働きが効きにくくなることがあげられます。

加齢による体力や筋力の低下から運動不足となり、肥満となりやすいことも要因の一つです。

糖尿病の大きな原因は不規則な生活習慣

tuhukiji21-3

糖尿病が生活習慣病といわれる由縁はこれから紹介する生活習慣に関係しているからです。
食べ過ぎや肥満、運動不足、ストレス、アルコール、喫煙などの生活習慣が糖尿病を発症する要因といわれています。

・ 食べ過ぎ

過剰に食べることによって血液中のブドウ糖の量が多くなりすぎると、インスリンの分泌が追い付かず、血液中にブドウ糖がたくさん溜まります。
膵臓はさらにインスリンを分泌しようと頑張りますが、だんだんと膵臓自体の機能が衰えてインスリン分泌量が減り、インスリンのブドウ糖への働きも徐々に弱くなって高血糖状態が続き、糖尿病を発症します。

・ 肥満も原因?

tuhukiji17-2

肥満になると、血糖値を下げる機能が低下し、たくさんのインスリンが必要となります。
膵臓はインスリンを多量に作り体内のインスリン量を増やしますが、一定量を超えるとインスリンの効き目が弱くなり、結果、高血糖状態となって糖尿病となります。

・ 運動不足

運動すると血液中のブドウ糖が筋肉を動かすエネルギーとして消費されますが、食べるばかりで運動をしないと、血液中のブドウ糖は消費されずに溜まる一方で高血糖を起こし、糖尿病を発症しやすくなります。

運動不足は筋肉量や体力も低下させるので、エネルギーも消費されにくくなって肥満の原因ともなります。

・ ストレス

精神的なストレスを感じると、血糖値の上昇がみられ、インスリンの効き目が悪くなるといわれています。ストレスによって過食やうつとなるとインスリンの働きをさらに低下させ、糖尿病の原因となります。

・ アルコール

tuhukiji12-04

少しのアルコールは肝臓のブドウ糖を作る働きが抑えられ、血糖値を下げますが、アルコールのカロリーは高く、食事もついつい進みがちとなるので、肥満につながる恐れがあります。
毎日の度重なる飲みすぎでアルコール性膵炎を発症して膵臓の機能が低下すると、インスリン分泌も低下し、糖尿病となることもあります。

・ 喫煙

喫煙によってインスリンの効き目が悪くなるといわれています。
喫煙は高血圧や動脈硬化のリスクともなり、糖尿病の症状や合併症を悪化させる要因ともなります。

妊娠しているのに糖尿病?

toukiji01

それまでは何もなかった人が、妊娠がきっかけで血糖値が高くなることがあります。妊娠糖尿病は妊娠中にだけみられる高血糖で、多くは出産後に改善します。まれに出産後も持続して高血糖がみられる場合や、年を取ってから糖尿病を発症するケースもあるので経過を診ることが大切です。