子どもの身長伸ばすためには「食事」「運動」「睡眠」が大事だと言われています。そして高度経済成長期の日本においては食事を改善することによって子どもの身長を伸ばしてきました。

しかし飽食の時代子どもの身長伸ばす上で最も障害となっているのは「睡眠」です。「生活習慣の変化」「夜遅くまで続く学習塾」などの影響で、日本の子どもたちの睡眠時間は減少し続けています。この睡眠時間を改善することにより、子どもが健やかに育つことができます。

そこで今回は睡眠が子どもの身長に及ぼす影響について詳しく解説します。
 

子どもの成長に影響を与える睡眠の基本情報

身長を伸ばす上で睡眠には2つの効果があります。まずはこれからお伝えする2つの効果を認識してください。

成長ホルモンの分泌を促進させる

身長伸ばす上で最も大事なものは成長ホルモンです。

そして成長ホルモンは、睡眠の際に多く分泌されることがわかっています。睡眠の際に分泌された成長ホルモンの量に比例して、子どもの身長が伸びていくのです。

このとき、ただただ寝ればいいわけではなく、規則正しい睡眠を心がけることによって成長ホルモンが正しく分泌されます。例えば、同じ8時間寝るにしても夜の11時から朝の7時まで睡眠をとるより夜の9時から朝の5時まで睡眠をとる方が、深い睡眠が取れるということことが確認されています。

また、日によって夜更かしをしたりせず毎日同じ時間に起きることが大事です。人間の体内時計が狂ってしまうと、ホルモンの調整機能が崩れて成長ホルモンの分泌が乱れるのです。

骨を休める効果

人間は、日々重力によって骨に負担がかかっています。特に下半身には上半身の重さが加わるので、負荷が高くなっている状態です。

体を横にすることによってこのような状態から解放されます。

重力の負担を甘く見てはいけません。宇宙飛行士が地球に帰還したとき、宇宙に行く以前と比較して、身長が数センチ伸びているという話があります。これも重力の影響によって起こる現象です。

あなたの子どもも1日1時間多く寝れば、その分骨の負担が少なくて済むようになり、のびのびと成長できるようになるのです。

身長を伸ばすための理想の睡眠時間


睡眠が大事だということがわかったところで、次に子どもにとっての理想の睡眠時間をお伝えします。子どもの理想の睡眠時間は年齢によって異なります。

幼稚園児10時間以上

思春期前の子ども10時間前後

思春期の子ども9時間半前後

思春期以降8時間半前後

上記の睡眠時間が理想の睡眠時間となります。

自分の子どもが睡眠不足かどうか一発でわかる方法

人それぞれ睡眠時間には差があります。自分の子どもが本当に十分睡眠を取れているかどうか不安になることもあるでしょう。

そのときは、休日に子どもが起きてくる時間を確認しましょう。ここで平日と比較して、休日に3時間程度遅くまで寝ている子どもは睡眠不足の可能性が高いです。

また、日によって睡眠時間が違うと成長ホルモンの分泌に悪影響を及ぼします。子どもの生活習慣を改善させることによって、平日から十分睡眠を取らせる必要があるでしょう。

今日から子どもが熟睡できるための3つの方法


「家庭環境のストレス」「パソコンのブルーライト」「日々の生活習慣」などの違いで、子どもが質の良い睡眠を取れるかどうかが決まります。そこで、ここからは子どもが熟睡できるための様々な施策をあなたにお伝えします。

睡眠の2時間前からはリラックスできる環境づくり

せっかく日中に適度な運動を行い3食バランスよく食事をとっていても、睡眠の2時間前に脳に刺激を与えてしまうと寝付けないことがあります。

例えばパソコンやスマートフォンから発せられるブルーライトの影響を受けると、脳が覚醒することがわかっています。そうならないために、睡眠の2時間前からはそのようなデジタル機器からは遠ざかる必要があります。

反対に、睡眠直後にブルーライトの光を浴びると脳が覚醒するので、家庭内のルールで「起床後はパソコンやスマートフォンでゲームをしてもいい」などのルールを設定するのも、面白いかもしれません。

他にも、「家全体の明かりを暗くしておく」「リラックスできる音楽を聞かせる」などの方法で気を配り、子どもが熟睡できる環境を作る方法もあります。

毎日同じ時間に起きて朝食をとらせる生活習慣

子どもは夜更かししたがるものですが、いくらそこで「早く寝なさい」といっても、いうことを聞くとは限りません。そこで、起きる時間を家族全体で設定するというやり方があります。

例えば、子どもを9時間寝かしたいと思うのであれば、朝の6時半に家族全体が起床する生活習慣を身につけるのです。そこで朝の6時半から「家族全体で朝食をとる」「1日の目標を決める」などのコミュニケーションを取ることによって、生活習慣を向上させます。

子どもは朝の6時半から起きているわけですから、体の疲れからその日の夜は、自然と9時半頃には就寝できるようになるのです。これを平日だけではなく休日も続けることによって、成長ホルモンを効率よく分別させるための理想の生活習慣が身につきます。

ストレスをためない環境づくり


いくら長時間睡眠していても、熟睡できていなければ成長ホルモンの分泌に悪影響を及ぼします。そして熟睡を妨害する要素として「ストレス」が挙げられます。

夜に子どもを叱りつけるなどの行為を行うと、子どもがストレスを抱えたまま睡眠をとることになります。これは睡眠に悪影響を及ぼします。

例えば、子どもが塾から帰ってきたとき、夜も遅い時間になっているはずです。このとき、成績についての注意や説教を行うと、快適な睡眠から遠ざかります。

基本的に、夜に子どもと接する場合は、子どもの自尊心を高めるようなコミュニケーションを心がけましょう。

また「夫婦間の不和」「父親の転勤などによる学校環境の変化」などの外部環境の変化によって、子どもは相当なストレスを抱える可能性を秘めています。

「子どもが学校でいじめられていないか?」「子どもが塾やスポーツの習い事で挫折していないか?」などを注意深く観察して、ストレス溜め込んでいないかどうか気を配る必要があります。

本日のまとめ

現代では食事だけではなく「睡眠」が、子どもの成長妨げる大きな要素となっています。そこで、良好な睡眠習慣を身につけることによって、安定して成長ホルモンを分泌させることができます。

そのために「睡眠2時間前のリラックスできる環境づくり」「毎日の生活習慣の改善」「子どもたちが過度にストレスをためない環境づくり」が大事です。

子どもが健やかに成長するために、今日から睡眠のことを心がけてください。

また、睡眠中に分泌される成長ホルモンは、良質なアミノ酸を吸収することで、骨を強くしたり身長を伸ばす効果があることがわかっています。成長期の子供は普段の食事だけではなく、成長サポートサプリメントなどで、栄養を補ってあげると身長アップには効果的です。様々なサプリメントがありますが、子供のためには無添加サプリメントをオススメします。