【アレルギーがある方への注意事項】

(消費者庁で表示を義務・推奨されている食品)

小麦、乳、※魚肉ソーセージにさけ、かに、大豆、小麦などが含まれている場合があるので、アレルギーがある方は商品を確認して下さい。

【材料(一人分)】

・強力粉 40g
・上白糖 0.5g
・ドライイースト 1g
・ぬるま湯 20g
・オリーブオイル 2g
・魚肉ソーセージ 15g
・ホールコーン缶詰 10g
・ピーマン 正味10g
・トマトケチャップ 大さじ1/2(7.5g)
・とろけるチーズ 15g

【調理手順】

1. ボウルにぬるま湯を入れて、砂糖、ドライイーストを加えて15分ほど置いておく。イーストがぶくぶくしてきたら、強力粉の入ったボウルに加えて、手で粉と水分をなじませる。
2.オリーブオイルを1に加えて、手で生地を一つにまとまるまで、よく捏ねる。表面がなめらかになったら、中央に包丁で十字に切れ目を入れてラップをして、倍くらいの大きさになるまで発酵させる。
3.発酵させている間に具の準備をする。魚肉ソーセージは8ミリ程度の厚さの輪切りにする。ピーマンは5ミリ幅の輪切りにする。コーンは缶詰から出しては水気をきっておく。
4.生地の発酵が終わったら、打ち粉(分量外)をふった台で丸く伸ばして、トマトケチャップ、チーズ、魚肉ソーセージ、ピーマン、コーンをのせて、200~220℃の高温に余熱しておいたオーブンで15~20分焼いて完成。

【カロリー】

263kcal

【調理時間】

60~90分(発酵、焼く時間を含む。)

【管理栄養士からのコメント】

尿酸値が高い方はプリン体を制限する必要がありますが、なるべく低プリン体食品を選ぶことも食事のコツになります。生の肉や魚よりも加工されたハムやウインナー、かまぼこや魚肉ソーセージなどのほうが、100gあたりのプリン体含有量は少ないです。さらに、似たような見た目の豚肉のソーセージよりも、魚肉ソーセージはプリン体が少なく、良質なタンパク質も摂取できるので、おすすめです。尿酸の濃度を低下させるために、アルカリ性食品の野菜なども積極的に取り入れていきましょう。

【所感】

一人分よりも二人分以上で作る方が、生地の分量としては作りやすいです。手作りピザは、意外と簡単で楽しくできると思います。