【アレルギーがある方への注意事項】

(消費者庁で表示を義務・推奨されている食品)

大豆、小麦、卵、(魚肉ソーセージにさけ、かに、大豆、小麦などが含まれている可能性があるので、アレルギーがある方は商品を確認して下さい。)

【材料(一人分)】

・木綿豆腐 75g
・魚肉ソーセージ 25g
・卵 M1/2個(25g)
・りょくとうもやし 75g
・にら 25g
・キャノーラ油 小さじ1(4g)
・醤油 小さじ1/3(2g)
・塩 0.5g
・こしょう 少々

【調理手順】

1.豆腐は厚さ1cmに切り、キッチンペーパーに包んで600wの電子レンジで2~3分加熱して、水気を切る。魚肉ソーセージは縦半分に切り、厚さ8ミリ程度の斜め切りにする。卵はボウルに割り、溶いておく。にらは4cmに切る。
2.フライパンを熱して油をひき、豆腐を焼く。両面を焼いたら、魚肉ソーセージ、もやし、にらを加えて炒める。
3.野菜がしんなりしたら卵を加えて混ぜて、醤油、塩、こしょうで味をととのえて完成。

【カロリー】

179kcal

【調理時間】

10分

【管理栄養士小泉朋代からのコメント】

魚肉ソーセージなどの練り物は、加工の段階でプリン体が抜け出すので低プリン体食品とされていますが、良質なタンパク質を摂取することができます。プリン体を制限しようとして、肉や魚を控えると、タンパク質不足になってしまう場合もあるので、練り物なども活用するとよいでしょう。ただし、これらには塩分も含まれているので、味付けの際に調整するなど工夫するようにしましょう。野菜類はアルカリ性食品で、尿酸の濃度を低下させるために役立ちます。野菜の多くは低プリン体食品なので、積極的に取り入れたいですね。

【所感】

さっぱりした味わいのチャンプルーです。野菜が多く、食べごたえがあります。