【アレルギーがある方への注意事項】

(消費者庁で表示を義務・推奨されている食品)

豚肉、大豆、乳、ごま
 

【材料】

豚バラ肉 280g
ごぼう 可食部50g
にんじん 可食部65g
糸こんにゃく 100g
たまねぎ 可食部65g
にんにく 可食部15g
しょうが 可食部10g
ごま油 15g
顆粒だしのもと 15g
味噌 20g
バター 10g

【調理手順】

1. ごぼうの皮についた土を流水でよく洗う。皮の部分は灰汁が含まれるが適度に残すと旨みにもなるので、完全には取り除かないようにする。
2. ごぼうは薄く斜めにスライスし水にさらしておく。糸こんにゃくは食べやすい長さにカットする。にんじんはいちょう切りにしたまねぎはくし型に切っておく。
3. 煙がでる寸前までごま油を鍋で熱し、ごぼうを一気にいれ焼き色が付くまで強火で熱する。
4. ごぼうを取り出し、一口大にした豚バラ肉を炒める。豚バラからでる脂が味を左右するので、じっくり炒める。
5. 鍋底に豚バラからでた脂が溜まるので、みじん切りにしたにんにくとしょうがを加え揚げ焼きにする感覚で炒める。
6. にんじん、たまねぎを加えて炒める。取り出してあったごぼうも鍋に戻して炒める。
7. 顆粒だしのもとと塩を加え、具材がひたひたになる程度に水を加える。
8. 糸こんにゃくも加え、吹き零れないよう注意しながら中火で15分ほど煮込む。
9. 灰汁をすくいながら野菜の煮え加減をチェックし、柔らかくなったら一旦火を止める。
10. 味噌を溶かし込み、味を調える。
11. ちょうど良くなったら仕上げにバターを加え、完成です。

【カロリー(全量)】

1470kcal

【調理時間】

35分

【管理栄養士小泉朋代からのコメント】

尿酸値が高い場合は、プリン体の摂取を抑えることと、エネルギーを抑えることが大切になります。肥満がある場合では、低エネルギー食によって尿酸値が下がるというケースもあるため、エネルギーの摂取量にも気をつけましょう。また、野菜はアルカリ性食品で、尿路結石を防ぐためにも役立つため、野菜を使ったレシピはおすすめです。

【所感】

ごま油で香ばしく焼き上げたごぼうと豚バラからでた脂の合わせ技で、深みのある濃い豚汁が出来上がります。最後に加えたバターが、さらに濃厚な味わいです。

尿酸値が高かった300人が選ぶ尿酸値を下げるサプリメント最新ランキング、4年連続第1位は!