%e3%81%8a%e3%81%8f%e3%82%89%e3%81%a8%e3%81%88%e3%81%ae%e3%81%8d

【アレルギーがある方への注意事項】

(消費者庁で表示を義務・推奨されている食品)

卵、鶏肉、ごま、大豆、小麦

【材料(一人分)】

・えのき 正味50g
・おくら 15g
・卵 M1/2個(25g)
・鶏がらだし 150g
・塩 0.5g
・濃口醤油 小さじ1/2(3g)
・片栗粉 小さじ1/2(1.5g)
・ごま油 小さじ1/4(1g)

【調理手順】

1.えのきは石づきを切り落とし、半分に切る。オクラは分量外の塩で板刷りし、5㎜幅に切る。卵はボウルに割って、溶いておく。

2.鍋にだしを入れて火にかけ、えのきとオクラを煮る。

3.えのきがしんなりしたら、塩、醤油で味をつけ、沸騰したところへ卵を加えて、かき玉にして、仕上げにごま油をたらして完成。

【カロリー】

71kcal

【調理時間】

10分

【管理栄養士小泉朋代からのコメント】

えのきとオクラはどちらも食物繊維を多く含んでいる食材です。食物繊維の中でも水溶性食物繊維は水に溶けて粘性を示し、小腸での糖質の消化・吸収をゆるやかにして、血糖値の急激な上昇を抑える働きがあります。このような食品を積極的に取り入れて、血糖コントロールに役立てていきたいですね。かき玉スープには、片栗粉を使ってとろみをつけて仕上げるレシピもありますが、糖尿病の食品交換表では片栗粉も穀類と同じ仲間に分類されているので、スープに使う場合は献立の中で他の穀類を減らすなどの工夫が必要になりますので、気を付けたいですね。

【所感】

えのきとオクラの食感とふんわり卵がおいしいスープです。鶏がらだしは、化学調味料を使う場合はその分、塩分の調整をしてください。