【アレルギーがある方への注意事項】

(消費者庁で表示を義務・推奨されている食品)

鳥肉、小麦、醤油(原材料に小麦、大豆を含む)

【材料】

手羽元 可食部175g
塩胡椒 少々
酒 50g
塩レモン 10g
醤油 10g
摩り下ろしにんにく 8g
摩り下ろししょうが 8g
小麦粉 15g
サラダ油 適量

【調理手順】

1. 手羽もとの身が盛り上がっている部分に包丁を入れ、塩胡椒をふり酒につけておく。
2. 皮の部分にワックスを使っていない国産レモンを、清潔な容器に塩と一緒に漬けておいたものを使用する。漬け込んで数日おくと液体が容器の底に溜まるのでこれを使っていく。
3. 塩レモン、醤油、摩り下ろしにんにく、摩り下ろししょうがを手羽先に揉み込み下味をつける。
4. 冷蔵庫で1時間程度寝かせたら、薄く小麦粉をふり熱した油で揚げる。
5. 油のはねる音が小さくなったら手羽先を一旦とりだし、火を強める。
6. 再度手羽先をフライパンに戻し、二度揚げする。
7. 一度目は低温で中まで火を通し、二度目は高温でカラリと揚げたら出来上がりです。

【カロリー(全量)】

668kcal

【調理時間】

75分(塩レモンを作る時間は含まず)

【管理栄養士小泉朋代からのコメント】

レモンの風味やにんにく、生姜の風味が加わることで、塩分控えめでも美味しく食べることができます。柑橘類や香味野菜を取り入れることは、減塩のテクニックの一つです。血圧が高めの方は、減塩によって改善するケースもあります。料理のアレンジを楽しみながら、美味しく減塩に取り組んでいきたいですね。

【所感】

レモンを塩に漬け込んでおくだけで数日後には塩レモンが出来上がります。揚げ物や焼き物に相性抜群の万能調味料、使ってみたら美味しさにはまります。