shutterstock_276565730

 便秘は便が腸に溜まったままになっている状態を指していますが、ガスだまりはガスが溜まっている状態を指します。では、便秘とガスだまりの関係ってどのようになっているのでしょうか?

 ガスだまりの原因って?

shutterstock_258811637

 ガスだまりとはお腹が張ってパンパンになるものですが、原因は何だと思いますか?ガスが溜まってお腹が張っているわけで、ガスだまりのことを腹部膨張感という呼び方もします。この腹部膨張感が起きる原因として考えられるのが、消化管にガスが溜まっているとき、胃の消化機能が低下しているとき、その他炎症や腫瘍がある場合、妊娠している場合などになります。
 そして、ガスだまりはガスがたくさん発生されているか、ガスの排出量が少なくなってしまっているかのどちらかに分かれるといいます。ガスを増やしてしまう原因としては早食いなどによって空気をたくさん吸い込んでしまっている、炭酸飲料の飲みすぎといったことが挙げられます。また、腸内でたくさんガスを発生させてしまっていることもあります。これは、でんぷん質の多い食べ物を食べたときや食物繊維を摂取しすぎたときに起きやすいです。さらに、高脂肪な食事ばかり続けていると悪玉菌が増えてしまうので、これによってもガスが発生します。
一方、ガスの排出量が少なくなっているときというのは、腸の蠕動運動が低下していることが考えられます。ストレスによって自律神経が乱れている、腸閉塞腸粘膜の炎症過敏性腸症候群なども関係しています。これ以外には、長い時間座りっぱなしだったり、体に合わないきつい服を着ていることでも腸の動きが制限されるためガスは溜まりやすくなります。その他にはおならを我慢しすぎるのもよくありません。
ガスだまりの原因はいくつかありますが、日頃身に付けるものや過ごし方も振り返ってみるといいかもしれませんね。

ガスだまりの対処法はこれ!

shutterstock_219757786

 ガスだまりはいろんなことが影響して起きるわけですが、対処法はどのようにしていけばいいのでしょうか?おすすめの方法は便秘の時と同じ対処法です。基本はお腹を暖めること、適度な運動を心がけること、食事内容に気をつけることです。湯船にゆっくり浸かってお腹を温めてみましょう。また、ウォーキング程度の軽い運動でいいのでやってみるといいです。
 また、便秘のときはヨーグルトを食べるといいと言いますが、ガスだまりの時も食べてみましょう。乳酸菌やビフィズス菌が体内に入ることで善玉菌が増えるので腸の動きも活発になります。
 ストレスもガスだまりにはよくありません。これも便秘と同じですが、ストレスを溜めないようにする、適度に発散できる場を作ることが大切です。精神的なストレスが多いように感じますが、疲れや睡眠不足からもストレスは知らない間に溜まっていっています。ストレスにも気をつけるようにしましょう。

ガス抜き体操も効果アリ!

shutterstock_384513547

 ガスだまりになるとお腹が辛くなって早く解決したいと思うものです。そこで、いろんな対処法を試していく中で、このガス抜き体操も1つ加えてみてください。
 おすすめのタイミングは朝起きたときとなっています。布団に入ったまま仰向けの状態で目を閉じて、親指と人差し指と中指の3本を使って耳と両手の甲を1、2分揉むようにマッサージをします。この準備運動が済んだら、うつぶせになって枕を膝の下に敷き、かかとでお尻を叩くように足をバタバタしてみましょう。特に辛い運動ではないので簡単にできます。この足バタバタを5分ほどやってみます。
 これがガス抜き体操ですが、朝だけでなく夜寝る前にやってみるのもおすすめです。ガスだまりや便秘でお腹が苦しい時にも効果が期待できますよ。

毎日の食事はガスだまりや便秘に効果抜群

tuhukiji20-1

 ガスだまりでお腹が辛いとき、適度な運動や体操、ストレス発散などが大事と書いてきましたが、食事は何よりも大事と言われています。私たちの身体を作ってくれているものなので、食事を疎かにすることはよりガスだまりや便秘を悪化させることになってしまいます。
 特に、注目したいのが食物繊維と乳酸菌、発酵食品です。乳酸菌といえばヨーグルトですが、食物繊維もいろんな野菜に含まれています。料理のメニューに合わせて食物繊維もたっぷり使うようにしていきましょう。この時、過剰摂取にはならないように注意しましょう。そして、最後に発酵食品ですが、味噌や納豆があります。日本人にとっては馴染みの深い食材ですが、腸内環境を整えてくれる優れものでもあります。和食を心がけてみるといいでしょう。
 肉類は少なめにしていきましょう。便秘やガスだまりの原因になってしまいます。魚をメインにしたメニューにしていくと、気になるお腹の張りもすっきりしていくでしょう。

 便秘とガスだまり、どちらになっても辛いです。いろんな対処法がある中で簡単に始められるものからやってみるといいでしょう。そして、日頃の生活も見直していくと、体も健康的になっていきますよ。

つらい便秘と腹痛 原因や対処法は?

shutterstock_102828113

便秘はただ便がでなくて辛い日々が続くだけではありません。ときには腹痛もやってきます。腹痛はいきなりやってくると職場や出先だと焦ってしまうでしょう。では、便秘から来る腹痛の原因はどのようなものなのでしょうか?それに対する対処法も紹介しましょう。

便秘から来る腹痛の原因

toukiji13

 便秘から来る腹痛はたとえ軽度の便秘であっても起きることがあります。ということは、便秘がひどくなるとさらに腹痛は激しくなるということにもなります。悪化すると耐えられないほどの腹痛を感じるというので、油断はできません。
 では、さっそく便秘から来る腹痛の原因について見ていきましょう。なぜ、腹痛が起きるのかというと、それは腸内に溜まっているガスが原因とされています。便秘というのは腸内に便が溜まったままという状態ですが、この時にインドールスカトールというガスも発生しています。これは通称腐敗ガスとも言われているので、体にとってはよくありません。腸内にこれらのガスがたまることでお腹だけでなくその他の臓器も圧迫されるようになります。
 ここから、腹痛となって症状があらわれてくるんです。腹痛が現れてさらに便秘だと、腸内には腐敗ガスが溜まっていることを示しているので、腸内環境を整えていく必要があります。

 つらい腹痛の対処法はこれ!

shutterstock_76711318

 便秘から腹痛が起きる仕組みは腐敗ガスによるものでした。では、この腐敗ガスを発生させないようにするためにはどのようにすればいいのでしょうか?ここでは、腹痛への対処法も紹介していきます。
 大事なのは腹痛を和らげること、そして便秘を改善していくこと、この2つです。腹痛をやわらげたいときには、ガス抜きマッサージが効果的でしょう。 このマッサージをするだけで腸内に溜まっているガスを抜いていけるので、やってみるだけでも全然違います。ガス抜きマッサージでおすすめなのが、のの字マッサージです。これは、便秘の時に赤ちゃんにもいいと言われているマッサージなのですが、もちろん便秘で悩んでいるすべての人に効果を実感してもらうことができます。
 のの字マッサージはまずは仰向けになります。そして、おへその中心から腸に沿ってのの字を書くようにクルクルとマッサージしていきます。時間としてはたった1分ほどで十分です。おすすめのタイミングとしては、朝起きてすぐかお風呂上がりがいいでしょう。トイレで便を出そうと頑張る時にものの字マッサージをしてあげるといいでしょう。こののの字マッサージによって腸内が活発に動き出すようになります。その結果溜まっている便がすっきりして、辛い腹痛からも開放されるんです。
 また、マッサージと同様ツボ押しも効果があると言われています。合谷と呼ばれるツボが親指と人差し指の間の薄く柔らかくなっている部分にあります。この合谷をちょっと痛いと感じる程度に押していきます。左右1分ほどで十分です。便秘の腹痛を和らげてくれると言われているツボなので、便秘で腹痛が出てきた時に押してみるだけでも違うでしょう。

便秘解消にはサツマイモを食べよう

shutterstock_104772812

 便秘から来る腹痛の対処法もいくつかあり、どれもすぐにできる簡単なものでした。しかし、マッサージやツボ押しだけよりもやはり食事を意識するとより効果が得られると思います。そこで、食物繊維もたっぷりなサツマイモを食べてみましょう。
 サツマイモはただヤラピンという食物繊維を多く含んでいるというだけではありません。サツマイモにはレジスタントスターチという成分が含まれているんですが、これが腸内に溜まっているガスを出していってくれます。つまりは、ガス抜きにサツマイモがいいということになりますね。サツマイモは料理に入れてもおいしいですし、おやつとしても万能なので常備しておくと便秘の時にも活用できるでしょう。
 

ただの便秘でない場合もあるので注意しよう

shutterstock_436445839

 便秘から来る腹痛であれば上に紹介したような対処法で徐々に改善していくことができるでしょう。しかし、腹痛を伴う場合、ただの便秘ではないこともあるので注意が必要です。
 まずは、腸のガンになっている可能性もあるのでしっかり様子を見ておきましょう。腸のガンの症状としては血便や激しい腹痛があります。さらに、便の通りが悪くなるので便秘にも悩まされます。いつもと違う症状が出たら、早めに検査をしてみましょう。
 また、腸がねじれたり塞がっていることもあります。この時の腹痛はズキズキとした痛みなので、いつもの便秘から来る腹痛とはちょっと違うなと感じて気づくかもしれません。その他に下痢や吐き気といった症状を伴うと言われているので、便秘と腹痛以外にこのような症状が出てきたら、やはり病院に行って調べてもらいましょう。生活習慣が乱れていたり極端に運動不足という時に起こりやすくなっているので、日頃の生活も規則正しくしていきたいですね。

 便秘と腹痛、対処法はどれも簡単にできるものです。また、原因を知って食事や生活も改善していけると、より便秘をすっきりさせることができるでしょう。また、腹痛の中にはただの便秘から来ているだけのものではないこともあるので、その点をしっかりと知っておくようにしましょう。