日本人は、世界的に見てもお風呂が大好きな民族です。日本人の平均寿命が世界一になっている要因の一つに、入浴があります。欧米諸国やアジア、アフリカ諸国には、一部を除いて「湯船に浸かる」という文化がありません。この湯船に浸かるという行為が、健康に良い行為として、最近見直されてきています。

高血圧の場合入浴時には注意が必要

健康に良い入浴ですが、高血圧の方が入浴する場合、通常の血圧の方よりも気を付けなければならない点があります。また、血圧が高くない場合でも、冬場などは高齢者の方なども、入浴をする場合にはいくつか注意する必要があります。しかし、入浴自体は身体を清潔に保つ効果や、リフレッシュ効果があるので、ストレス解消、健康の維持増進という観点からも、毎日の入浴はオススメです。
ただし入り方を間違えてしまうと、高血圧によるリスクのほうが大きくなってしまう危険があります。間違った入り方の一つに「温度差」があります。冬場などは特に注意が必要なのですが、寒い空間から一気にお風呂に入り温度の高い環境に入ってしまうと血圧の変動というのは非常に大きくなります。逆もまた同様で、暖かい環境から一気に寒い環境に移動をしていくと血圧は激変していきます。この急な変化というのは体にはとても悪く、もともと血圧がとても高い人がこのようなことを行なってしまうと、血管障害を引き起こしてしまう危険性もあります。

特に、熱い湯船に普段から入っている人は、注意が必要です。いきなり熱い湯船に入ったりせず、入浴前の準備として、部屋を暖め、極力入浴時と入浴後の温度差をなくすことを考えておきましょう。そして、できる事なら熱いお風呂には極力入らないことをオススメします。熱い湯船に入るという行為は、実は知らず知らずのうちに、体力を大きく消耗します。血圧による変化もそうですが、体調不良によってお風呂から出る時に、転倒等のリスクが出てくることになります。メリットよりもリスクのほうが大きくなってしまうので、できればぬる目から少し熱い程度のお湯で満足できるように入浴をしていくことをオススメします。

入浴時は血圧が変化しないよう注意が必要です

高血圧の方は、入浴などの温度変化で、血圧が乱高下しやすくなります。そのための工夫として、先程も触れたように、部屋の温度差をなくしたりするなどの準備を、しっかりとしていくことが大切です。そして、入浴時の注意点としては、湯船の温度管理もしっかりとすることが重要になります。目安としては、夏38度、冬40度程度の温度が理想的です。また、お湯の量は、肩までつかると、水圧によって心臓に余計な負担が掛かってしまい、血圧の上昇の原因になるため、血圧が高めの方は、半身浴をすることをオススメします。また、長時間湯船に浸かることも血圧上昇の原因です。一度に長時間浸かるのではなく、5分程度使ったらいったん出るようにしましょう。その際、急に動くことで血圧は上昇します。湯船から出る時は、ゆっくり出ることをオススメします。入浴によって、水分が失われがちになることもあります。入浴前の水分補給は、忘れずにしておきましょう。また、いきなり湯船に入ったりせず、シャワーなどで下半身をお湯の温度にならすことも大切です。高齢者の方のお風呂の事故などは、この急激な温度変化によるところが多いため、楽しい入浴をするために、特に冬場の入浴には気を付けて下さい。

高血圧の人は入浴をする前のお酒はNG

入浴をする前にお酒を楽しみたいと思ってしまう人がいるかもしれませんが、入浴前の飲酒は血圧の上でもリスクが大きくなり、また酔った状態でお風呂に入るというのは、お風呂による事故の原因にもなります。そのためお風呂の前にお酒を飲むことは極力してはいけません。多少であればまだ良いのですが、泥酔の状態では絶対に入浴はしないようにしましょう。泥酔しての入浴は転倒等で命を失う可能性すらある危険な行為です。

銭湯等を利用するのが好きな人

人によってはお風呂は銭湯で本格的に楽しみたいと思っている人もいるかもしれません。銭湯の場合、環境が比較的整っていることもありますが、やはり、温度差が大きくなってしまうことはあります。そのためお風呂に入る前に必ずシャワー等で体を流してください。これは汚れを取るという意味合いもありマナーとしてもとても大切です。いきなりお風呂に入るようなことがあると、銭湯の場合お湯の温度がとても高いケースもあり、血圧に悪影響を及ぼしてしまいます。自分で調節をしていくことが困難であるので、しっかりと体を馴染ませてからお風呂にはいりましょう。

長時間つかることはしないようにすることも大切です。銭湯なので長く楽しみたいと思うかもしれませんが、その場合には最近多くなってきている少しぬる目のお風呂を活用していくことをオススメします。