shutterstock_407700694

高血圧の治療として最も取り入れやすいのが薬物治療です。当然生活習慣の改善等も必要ですが、効果と継続のしやすさという視点で考えていくと薬物療法のほうが治療方法としては取り入れやすいでしょう。
また合併症の有無によって比較的しっかりと薬で血圧をコントロールをしておかなければいけない状況というのもあり、薬物療法の重要度というのは現在の医療ではとても大きなものになっています。
薬物療法は基本的に長期で利用していくことで成立します。それゆえに1,2回服用をすればそれで効果があるということではありません。
また生活習慣等が大きく影響している場合、薬物療法のみで血圧を下げていくことは非常に難しく、この場合生活習慣で血圧が正常になるまでのサポート、正常になるまでに何かしらの影響が出てこないように制御をするのが薬の大きな役割となります。

薬物療法で効果的に高血圧を改善するために知っておくべきこと

tuhukiji03-04

薬によって高血圧が改善していく場合というのは、病気によって血圧が高くなっている場合であり、血圧が高くなったことで病気になっている場合、病気の悪化を防ぐため、治療をするために薬を利用していくのは当然効果的ですが、高血圧を薬だけで治していくのはなかなか難しいということになります。それゆえに長期的に服用をして他の要素を組み合わせながら少しずつ改善を図っていくことになります。

○高血圧の治療薬は大量に服用をすればよいということではない

tuhukiji03-05

薬については大量に服用をすればそれで良いということではありません。しっかりと決められた量をしっかりと決められた頻度で服用していくことがとても大切になります。使用量を守らないということがあると、それは薬による副作用が出てきてしまう可能性が出てくるため非常に大きな注意が必要です。

高血圧の治療薬をいたずらに使いすぎてしまったり、使い方を守らないようなことがあるとそれは血圧に大きく影響していきます。高血圧が一転して低血圧になってしまい、血圧が下がりすぎるという状況になる可能性も十分にあります。治療薬の安全性はとても高まっていますが、だからといって大量に服用をすることはできないと言えるでしょう。しっかりと医師の指示にしたがって治療をしていくことがとても重要になるのです。

○高血圧は治療薬だけで治療をしないようにしていく

shutterstock_364107608

高血圧の根本的な治療をしていくためには、治療薬は必須です。しかし治療薬だけで高血圧を改善していくことはなかなか難しいとされています。
高血圧に対しての生活的改善を図っていかないと、高血圧の治療はなかなかできないのが現状です。治療薬を利用していれば血圧のコントロールはしやすくなりますが、治療薬をやめてしまえば血圧はまた高くなってしまいます。
これを阻止していくためには生活的改善が必要であり、薬に頼りっきりであるとなかなか難しいと言えるでしょう。

○高血圧を下げるための工夫を多くしている人は注意

tuhukiji26-03

血圧を下げるために努力をしている人はいることでしょう。特に食品で工夫をしている人は多いと思います。市販の健康食品の中でも血圧に対してアプローチしている食品は多くあります。これらの食品を定期的に摂取してコントロールしようとしている人は、血圧に対して関心はそれなりに高いと言えるでしょう。

しかしこれらの食品の効果というのは薬に比べてしまえば微々たるものです。だからこそ他の対策を重視していけるというメリットがありますが、食品に頼りっきりになっている場合改善はほとんど見込むことはできません。

またこれらの食品を利用している場合、場合によっては薬と相性の悪い食品が混ざっていることもあります。健康食品を多く利用している場合には、薬との相性を確認するために一度医師に相談することをオススメします。思わぬ相性が見つかることもあります
※大抵の場合、大丈夫なのですが、稀に相性の悪いものが見つかっていくので、これらを防ぐためにもしっかりと相談しておくことをオススメします。

○高血圧だからと言って何もかも制限をする必要はない

tuhukiji17-3

薬だけでなく、生活習慣を変えていくことが大事というと、全ての生活習慣を見直そうとしてしまうことでしょう。ですがこれを一気にやってしまうとそれはとてつもないストレスになります。これらのストレスは血圧に良くありません。食事制限をする時は、好きなものを1つとり入れていくと同時に、好きなものを1つ我慢していくことを繰返していくと良いです。
当然暴飲暴食のようになってしまうのは良くありませんが、好きなものを一気に我慢するよりも長期的に取り組んでいくことができます。高血圧治療において長期的に取り組んでいくことがとても重要です。

またこれは食事制限だけでなく運動にも言えることでしょう。運動習慣がある人はそれほど困りませんが、運動習慣を作ろうとする人にとってみれば、食事と運動の両方に気を使っていくことはとても大きなストレスになりかねません。そのため食事と運動の間でも好きなものに対しての我慢ととり入れていくということを行なっていくのは良いでしょう。
ただ、あくまでも自己コントロールができること前提であり、ついつい好きなものを多くとり入れてしまう人に対しては適切ではありません。

薬はあまり使いたくないという人は非薬物療法で高血圧を改善しよう

tuhukiji16-4

高血圧の飛躍仏両方として代表的なものは食事療法と運動療法です。この食事療法と運動療法はどちらかひとつで行なうよりは併用して行なっていくことでその効果をより大きくしていくことができるとされています。
またこれだけでなく生活習慣についてもしっかりと見直していくことがとても重要になります。睡眠不足や喫煙という面で問題を持っている人は、これらの点についてもしっかりと改善を図っていくことがとても重要になります。

血圧というのは一度上がってしまえばそれっきりということではなく、改善をしていくことで必ず下げていくことができます。人の体はそのようにできているので必要以上に心配をしない、必要以上に過信をしないことがとても重要になってくるのです。

○高血圧時の食事として目安にしておきたいもの

tuhukiji15-1

食事療法として意識をしておきたいのは、やはり減塩となります。推奨されているのは1日の塩分摂取量を6グラム未満にしておくというものです。
これは現代の生活においてはなかなか難しいものであり、これまでの生活からいきなりこの6グラム未満に下げようとするとなかなか大きなストレスになってしまうでしょう。できるかぎりこの数値に近づけていくことは大切ですが無理をして長期の治療に支障をきたしてしまうのも問題です。少しずつ減らしていくのが良いでしょう。(ただ状態によっては悠長なことを言っていられないケースもあるので医師の指示に従っていくことがとても大切です)

塩のほかにお酒も大きな要素になることが多いです。アルコール(エタノール)は一日に20ミリリットル以下に抑えておくのが良いとされています。飲みすぎている人は大抵この量を超えてしまっているので大きな注意が必要になるでしょう。
また飲みすぎてしまっている人は、お酒の影響でついつい食べ過ぎに至ってしまうこともあります。食べ過ぎであると塩分の取りすぎにもつながるので、より高血圧へのリスクはあがってしまうので注意が必要でしょう。

○高血圧改善には運動も非常に重要

shutterstock_191957162

運動というのはある意味で体の異常をリセットする効果を持っていると言えるでしょう。このリセットというのは病気を治すということではなく、体の異常な要素を排泄する、排除するということになります。塩分であれば、塩分をしっかりと運動で排泄していくことができ、また塩分を消費して体調管理に繋げていくこともできるでしょう。

また糖分等にも言えることであり、とりすぎてしまったものを排除していくのに運動はとてもメリットがあります。
その結果高血圧だけでなく、体の異常な部分を改善していけることにつながるでしょう。

ただ、激しい運動をすれば良いということではありません。運動をしていく場合有酸素運動が良いとされています。
激しい運動をしてしまうと、逆に高血圧が上がったように見えてしまうことがあります(ただ、この時の血圧の上がり方というのは通常の高血圧とは違い、体が丈夫になろうとした結果とも言えます。ただもともと血圧が高い人が激しい運動をしようとすると負荷が大きすぎるためあまりオススメできません。血圧の数値によっては禁忌となるケースもあるので運動療法の負荷は専門家と一緒に考えていくことがとても重要になります。

○非薬物療法はストレスとの戦いでもある

shutterstock_374136763

非薬物療法については、大きなストレスと戦わなければいけない可能性があります。それまでの生活習慣を大きく改善しなければいけないこともあり、それが人によっては非常に大きなストレスになってしまうこともあります。
大切なことは治療を長期的に続けていくことです。長期的に続けていけるような工夫が必要です。
新しいやりがいのある趣味を見つけたり、運動習慣を身につけられるような趣味を見つけたりと自分と向き合うことがとても大切です。
言われた事をただこなしていくだけでは高血圧の非薬物療法は難しくなりがちです。

○高血圧の非薬物療法は多くの病気の予防にもなる

shutterstock_379925380

高血圧の非薬物療法は多くの病気の予防につながります。運動と食事は健康の土台であり高血圧にならないような土台を作れればそれは万病の予防につながっていきます。糖尿病気質がある人にとってみれば、直接的に治療につながっていくことでしょう。

薬を利用しての治療は一時的に体質を変えていく意味合いが強いですが、非薬物療法による治療は根本的な治療につながります。それゆえに長期的に行うことで、薬を利用しないような体に変化をさせていくことができ、本当の意味で治療を行なっていくことができるでしょう。
非薬物治療をすることが難しい人、あるいは薬物治療がどうしても必要な人の場合には長期的に薬を利用していく治療がベースとなりますが、だからと言って非薬物治療が必要ないということではありません。できるかぎり取り組んでいくことが推奨されています。