腎臓病の原因

腎臓というのは普段あまりその臓器の存在を実感することはない臓器の1つと言えるでしょう。しかしこの腎臓という臓器はとても重要な臓器で、万が一機能不全等に陥ってしまえば、それは命に関わっていく事態に発展しがちです。

腎臓は体の中のいらないものをしっかりと排泄をしていく上で欠かせない臓器であり、この臓器に不調が出てきてしまうということは、そのまま排泄物が体内にとどまってしまうことを意味します。
そうするとどうなるのかというと、他の臓器が上手く機能しなくなってしまったり、他の臓器が連鎖するように不調に陥ってしまう可能性があります。
それゆえに腎臓というのはとても重要な臓器と言えるでしょう。
腎臓の病気をひとくくりにして腎臓病という表現をされることが多いです。この腎臓病の原因というのは多岐に渡ります。
ただ、病気になる要素を1つ満たしたからといってすぐに腎臓病になってしまうわけではありません。腎臓は強い臓器の1つです。それゆえに、病気になるまでにはある程度の期間があります。その期間にどれだけ気づいていくことができるのか、どれだけしっかりと改善していけるかが大きな鍵になります。
逆に気づけず放置をしてしまい、ひどくなっても何も対処をしない状況になると、腎臓病として取り返しのつかない状況になってしまう可能性もあるので、注意が必要です。

●血管の状況がそのまま腎臓に影響していく

腎臓は非常に多くの血管が行き交っている臓器です。それゆえに血管に不具合が多く出てくるようなことがあるとそれは腎臓病に直結しやすくなります。不具合というのは、高血圧等もありますが、糖尿病等によって引き起こされることもあります。
このようなことから、腎臓病というのはそれ単体で引き起こされるというよりも、他の病気や症状から連鎖して引き起こされることが多いことになります。つまり腎臓病を予防していくためには、全体的な健康を維持していくことが重要になります。

ただ、腎臓そのものに何かしらの問題が起きて腎臓病になることも当然あります。その代表的なものが腎炎と呼ばれるものであり、腎臓そのものに異常が起こって腎臓病になるケースを原発性と言います。

逆に糖尿病等のことが原因で起こる腎臓病を続発性の腎臓病と言います。腎臓病を徹底的に予防していく上では、原発性と続発性の両方をしっかりと予防していくことが重要になります。

●腎臓というのは隠れた重要な臓器

心臓と言えば誰でも重要とわかりますが、腎臓を重要と認識している人はあまり多くありません。それゆえに心臓病と腎臓病とでは、心臓病のほうが圧倒的に重症というイメージがあります。しかしこれは大きな誤解です。腎臓病も基本的に命に関わる病気と思っておく必要があります。

腎臓病はなってしまってすぐに命を落とすということはありません。しかし重症の場合、確実に放置して良い時間は短くなります。(放置すること自体してはいけないということです)心臓病と同じくらいのリスクがあると思っておいたほうが良いです。

腎臓病は腎不全の原因になります。腎不全というのは文字通り腎臓が機能しなくなることを意味します。腎不全になってしまうと、もうこれは緊急的な対処が必要な状況であり、万が一対処ができないような状況になると、生命維持機能に大きな支障をもたらし、命に関わってきます。腎臓病=腎不全ということではありません。しかし、腎臓病を放置しておくことは間違いなく自分の命を削っていくことになり、それは確実に大きなリスクへと変化していきます。

●足と顔が非常にむくみやすい場合は注意

腎臓が機能しなくなると、むくみというのは生じやすくなります。この場合のむくみというのは、何も問題がないむくみ(疲労などによる)に比べて、症状が大きく出てきたり、内臓等にも水が溜まっていくようになります。当然そうなると内蔵機能にも大きな影響を及ぼし、全身症状にようになることも多いです。

ただ、内臓に水が溜まったとしてもそれは決して外面から確認できるわけではありません。顔や足等のむくみというのは確認をすることができます。このような大きなむくみがみられたような場合には、腎臓病等に関心を持って、念のため検査等を受けていくことをオススメします。

また血尿等、あきらかに尿に異常が出てきている場合は、高確率で腎臓に何かしらの不調が起こってきてしまっていることを意味します。多尿や頻尿にも注意をしておくことをオススメします。
このような場合もしっかりと検査を受けていくことをオススメします。腎臓病の原因はいたるところにあると思っておく必要がありますが、運動、食事、睡眠をしっかり常識の範囲内にしておくかぎり、そう簡単に腎臓病になってしまうことはありません。逆にこれらのどれかが過剰に多くなりすぎる(運動や睡眠は過剰に少なくなりすぎる)ことがあれば腎臓病のリスクは上がっていくでしょう。

腎臓病対策サプリメント2017年最新人気ランキング

腎臓病になりやすい人

腎臓病になる可能性が高い人は他の病気にもなりやすいと考えておくと良いでしょう。ただ基本的にリスクは下げていけるものであることが多く、健康に気をつけておけば腎臓病も自然と予防していけるので、悲観する必要はありません。

また多くの人に当てはまりやすいリスクとして年齢があります。腎臓は年齢と共に機能低下しやすく、当然腎臓病のリスクもあがります。しかし必ずなってしまうものではなく、気をつけておくことで腎臓病とは縁遠い生活をしていくことは当然できます。

腎臓病で一番気をつけておかなければいけないのは、何より肥満や糖尿病です。メタボリック症候群に気をつけろという情報も多いように、肥満や糖尿病、そしてメタボリック症候群の人は腎臓病になるリスクは高くなります。中でも糖尿病になって長期関係化している人の場合には腎臓病の症状が出てくる可能性は高いので注意が必要です。

●生活習慣病のリスクがある人は自然と腎臓病のリスクも出てくる

生活習慣病のリスクが高い人は基本的に腎臓病のリスクも高くなります。特に運動不足の人というのはリスクが高くなると言えるでしょう。
生活習慣病というのは多くの病気につながりやすいのですが、腎臓病も多くの病気につながりやすいものです。糖尿病を患っている場合には、長期的にしっかりとした治療を行なっていかないと、病気のリスクというのは非常に高くなるので注意が必要です。ただ、このような状況に陥ってしまうというのはよほど体に無理をしているか、無理を無理と感じていないような人と言えるでしょう。多くの場合生活習慣病のリスクが出てきているという健康診断の結果や、医師からのアドバイスで改善をしていけます。(これを無視して暴飲暴食を続けているようであると、病気のリスクは非常に高まってしまいます。

●腎臓病は腎不全に、メタボリック症候群は心臓病に

腎臓病は腎不全につながりやすく、メタボリック症候群は心臓病につながりやすくなります。しかしこれらは別物ではなく、ほぼ同じものと考えていくことがとても重要です。というのも腎臓病とメタボリック症候群というのは、それぞれが悪い形で相乗効果を発揮してしまうことが多く、メタボリック症候群の症状が悪化してしまうと腎臓病になりやすくなりメタボリック症候群を改善しようとしていても、腎臓病の影響で、なかなか改善できないということもケースとしては当然あります。そうすると改善しようとしてもできないことになり、自然と腎不全や心臓病等のリスクが出てきてしまうことになるのです。このような状況で症状の改善を目指していくというのは当然個人で行なっていくことはできません。医療の力を借りていかないと基本的に不可能なものと考えておいたほうが良いでしょう。

●腎臓病になりやすい人からなりにくい人への変化は可能

腎臓病は全ての人がそのリスクを持っています。しかし腎臓病になりにくい人というのはそのリスクをコントロールしたり、抑えていくことができるのです。逆になりやすい人というのはリスクを放置していたり、腎臓病に関心を持っていない人となるでしょう。

生活習慣を見直し、体質改善を図っていくことができれば、しっかりとなりにくい人になることはできます。短期的にこのような体質になるのではなく長期的な視点を持ってなりにくい人になることがとても大切です。
短期的になろうとしてしまうと、それは無理なダイエット等につながりやすいです。無理なダイエット、無理な体作りというのは腎臓に負担をかけがちです。一見体に良さそうに見えても実はそれほど良くないということも多いのです。そのためゆっくりと時間をかけて体質を良くしていくことを目指しましょう。

●透析などの状態にならないように

腎臓病に関心を持っていく上で、腎不全の怖さを知っていくことも大切です。というよりも腎臓病になりやすい人というのはどこか、楽観的であり、自分は大丈夫と思いこんでしまっている人が多いです。また腎臓病に対して大したことはないと思っている人も多く、このような思い込みがもしかしたら、腎臓病になりやすい最大の原因かもしれません。
腎臓病から腎不全になるとどのような状態になるのかということを知ることができれば、腎臓病にも関心を持っていくことはできるでしょう。
今現在腎不全に対しては基本的に透析で治療をしていくことが多いです。透析というのは現在の技術、設備を持ってしても治療の負担が比較的大きな方法です。何よりも時間が圧迫されてしまうことで不自由さを感じている人が多く、透析の状態になってから後悔をする人も少なくありません。
しっかりと腎不全や腎臓病の怖さを知って、その上で適切に対処をしていきたいものです。怖さを知らないというのが一番怖い状況ということにもなるでしょう。

腎臓病対策サプリメント2017年最新人気ランキング

腎臓病のタイプ

腎臓病というのは、数多くの腎臓に関する病気を一まとめにしたものになります。それゆえに腎臓病を理解するというのはなかなか難しく、腎臓病と言われる中でも、特にどのような症状であるのかをしっかりと理解していくことが必要になります。

腎臓病のタイプというのもとても大切です。

腎臓病のタイプはまず、内科、泌尿器科で分けていくことができます。腎炎や慢性腎不全等は腎臓と言っても内科で対処をしていくのが望ましいとされており、泌尿器科で扱えるものではありません。逆に腎結石や腎臓の癌については泌尿器科で扱う病気とされています。当然明確に分けていくことができない病気も多くありますが、自分が内科的な腎臓病であるのかそれとも泌尿器科的な腎臓病であるのかはしっかりと理解しておいたほうが良いでしょう。

ただ、内科、泌尿器科の両方で、しっかりと病気を見抜いていくことができるので、内科だから、泌尿器科だからという理由で発見できないということはあまり考えられません。心配な場合は、内科と泌尿器科等を診察してくれる総合病院に一度相談、診察しにいくと良いでしょう。万が一自分が思っていた病気とは違う場合でもしっかりとその場で検査をしていける可能性が高いので、安心はできます。

●腎臓のタイプとして原発性と持続性

腎臓の病気がどのようにして発生、進行しているのかをタイプ分けしていく時に、原発性と持続性というようにわけていくことができます。原発性は、腎臓自体に大きな問題が起こっている腎臓病であり、続発性と言うのは腎臓とは違う部分で起こったからだの異常が、腎臓に影響を与え、腎臓の機能が低下、異常が出てきてしまうことを意味します。
この原発性か持続性かとというタイプ分けはとても重要であり、病気によって当然違ってきます。万が一持続性を原発性と間違えてしまうようなことがあると(現実的にはあまり考えられませんが・・・)、治療方法も間違えてしまい、根本的な解決をすることが困難になります。持続性の場合には、原因となっているからだの異常等をしっかりと改善していかないと、腎臓に関する異常の悪化を抑制していくことは難しくなります。

●慢性と急性というタイプ分けもとても大切

腎臓の場合予後に大きく影響していくのが慢性と急性というタイプ分けです。イメージ的には慢性のほうがどこか良いような感じがしてしまいますが、急性のほうが予後は良いことが多いです。

急性については、文字通り急激に症状が悪化していく、症状が出てくることを意味します。急に症状が出てきたり、症状が変わったりするので、多くの人は非常に驚いてしまいます。しかし逆に言うと腎臓の異常にすぐに気付くことができるので、すぐに医療機関で診てもらい対処をすることができるはずです。予後としても比較的良く、治療が効果を発揮することが多く、症状も落ち着き完治をしていくケースは割りと多いです。

一方慢性についてですが、こちらはあまり予後が良くありません。すぐに症状が出てくることが少なく、定期的に検査を受けておかないとなかなか発見は難しくなります。慢性的な腎臓病は治療が比較的難しくなりがちであり、その原因を特定ししっかりと治療をすることが基本的に難しいとされています。個人差はありますが、腎不全に陥ってしまうことも少なくないのです。
それゆえに、急性と慢性であれば、まだ急性の腎臓病の方が良いということになります。

ただ、当然個人差があり、慢性的な腎臓病がといってもその様子はさまざまです。治していくことは難しいのですが、病気の進行を食い止めていき、腎機能をできるかぎり維持させていくということは可能になってきています。それゆえに、慢性化してしまったらそれでもう腎不全になってしまうということではありません。(慢性化させず早期に発見していくのが一番良いことは確かです)

●全体的な健康を守っていくことでどのタイプの腎臓病も予防できる

タイプ別に腎臓病を予防していくというよりも、タイプ関係なく腎臓病をしっかりと予防していくことが必要です。腎臓病はしっかりと栄養を取り、運動をしていれば基本的になることはないとされています。
しかしそれで絶対に予防できるというわけではありません。定期的にしっかりと検査を受け、その上で腎臓の状態を管理していくことがとても重要です。腎臓病は決して甘く見て良い病気ではなく、それゆえに、検査等でももっと積極的に告知をしていくべきであると言えるでしょう。どうしても心臓や肝臓、脳等に関心がいきがちですが、腎臓にもしっかりと関心を持って、病気になってしまう前に検査、対処をしていけるように尾力をしていく必要があります。

腎臓病対策サプリメント2017年最新人気ランキング

腎臓病の症状・初期症状

腎臓病というのは初期症状があまり多くない病気の一つです。しかし全くないわけではありません。それゆえにしっかりと注意深く関心を持っておく必要があるのです。

腎臓病の初期症状として尿の状態というのはわかりやすいサインの1つです。
尿の色が妙に濃くなったり、またはあわ立つようなことがあれば注意をしておいて損はありません。

●尿の泡と言うと過敏になる人が多いが・・・

尿の泡と言うと、糖尿病をすぐにイメージする人が多いと思います。またちょっとでも泡が立つとそれで心配をする人もいます。
しかし誤解をしてはいけないのは、尿というのは普通はあわ立ちます。糖尿病や、腎臓の異常で泡が立つというのは、どのような便器でも、どのような場所でも、いつでも泡が異常に立つことを意味します。
これはどのようなことかというと、便器で泡が立つという人は、高い位置から排尿をしていたり、あるいは水の量が少なかったりと、便器の状態で泡が目立ちやすい状況になっていることが少なくありません。便器の形状で一番わかりやすいのが、男性用の便器です。男性用の便器で泡が多く見られるようであれば、それは腎臓の異常が考えられます。男性用の便器というのは、基本的に尿を飛び散らせないように、尿を便器で受けてから下に流すような形になっています。同様に洋式の便器であっても、音を立てないように排尿をしてみて、多くの泡が立つ、異様な泡が立つというようであれば、腎臓の状態があまり良くない可能性はあります。

体調によっても泡の状態というのは大きく変わっていきます。排尿をするたびに多くの泡が常に立つ、どのような便器でも、どのような時間帯でも泡が立っていくということがあればそれは腎臓の異常である可能性が高くなります。

基本的に泡が立って当然と考えておき、それを念頭に日常とは違った泡が見られる、あまりにも多いという場合には注意をしていくということが必要です。

●わかりやすいむくみの状態

腎臓の機能低下というのは同時にむくみも生じさせます。むくみというのは疲れ等でも見られますが、尿の泡と同様に、腎臓の機能低下によるむくみというのは常に見られ、そして異様にむくんでいくことになります。急激に靴やズボンがきつくなる、瞼がはれ上がるというようなことがあった場合、それがむくみである可能性もあります。むくみは腎臓の機能を見ていく上でとても重要です。環境や仕事上、むくみを生じさせやすい人は、日常のむくみとは違うむくみが出てきた場合には注意が必要と言えるでしょう。

●日常的に気づく症状が意外と多い

上記で紹介した症状の他に、血尿や頻尿もあります。血尿というのは出れば一発でわかるので、泡のようにまぎらわしいことにはならないでしょう。血尿が見られた場合には、一度しっかりと検査を受けていくべきです。血尿でなくても尿の色がいつもとは明らかに大きく違う場合にも同様のことが言えます。

頻尿も気づきやすいサインの1つです。1日の排尿10回ほどまでであれば正常と言われています。なんとなくトイレに行っている人や、念のためトイレにいくことが多い人であるとこの回数を超えていることがありますが、頻尿というのは、「トイレに行きたい」という思いからトイレに行く回数が10回を超えていく場合になります。なんとなく、「今行っておいたほうが良いかな」という軽い気持ちで行く回数が多いとしてもそれは頻尿ではないことも多いので、このあたりは注意が必要です。

1つのサインとして夜のトイレに行く頻度が高くなった場合には何かしらの異常が影響している可能性はあります。(基本的に夜は気軽にトイレに行こうとはせず、また体も排尿をしないように調整をしてくれています)

また夏場など明らかに水分を大量に摂取している場合に排尿の回数が異様に多くなることはあります。特に運動し終えて、大量に水分を取った場合です。この場合休憩中にトイレに行きたくなることが多いのは、純粋に取りすぎた水分を排泄しているだけとなります。

気づける症状は実は多いのですが、日常とどれくらい差があるか、何か異常であるのかが見えづらいのが、腎臓病の特徴であり、初期症状が少ないとされてしまう一因です。できる限り関心を持って、自分の行動を見つめなおしていくことも必要でしょう。場合によっては回数や状態をチェックしていくということも良いかもしれません。ちょっとした関心の違いで発見できるものとできないものが出てくるので、心配な人は一度チェックをしていくことをオススメします。

※すでに糖尿病等の疾患をわずらっている場合には、当然上記のことには関心を持っているはずです。意外と健康な人ほど関心を持つことが難しい要素であると言えるでしょう。

腎臓病の検査

腎臓の検査として一番イメージしやすいのは尿検査ではないでしょうか。尿検査ではどのようなことを測定するのかというと、尿にたんぱく質や赤血球が含まれているかどうかを検査していきます。

尿に含まれるたんぱく質というのは基本的に微量であり、赤血球も同様に微量です。これは腎臓がしっかりと機能しろ過をすることで、尿の成分を調節していくことができるからです。しかし腎臓病等で腎臓に異常が出てきてしまうと腎臓のろ過機能というものが落ちてきてしまいそれにともなって尿の成分を調節していくことができなくなります。それゆえにたんぱく質や赤血球が通常よりも多く尿に含まれるようになります。
この状態を尿検査で見つけることができた場合、数値によっては精密検査が必要になることも多いです。ただ、尿検査で異常であったからといって、すぐに腎臓病ということでもありません。何かしらの要素で、尿に成分が多く含まれることもあれば、検尿をする際にミスが生じている可能性もあります。
他の検査をしっかりとすることで、尿検査を確実な検査にしていくと言えるでしょう。

尿検査と同じくらい有名な検査として血液検査があります。この血液検査ではどのようなことを測定していくのかというと、「クレアチニン」という物質について検査をしていきます。クレアニチンというのはアミノ酸の1つであり、健康体であれば尿としてしっかりと排泄をされていきます。しかし腎機能が落ちていくと、たんぱく質や赤血球とは逆に、尿に含まれるクレアニチンの量が減っていきます。その結果、クレアニチンは血中にとどまるようになります。それゆえに血液検査でクレアニチンの量に着目をしていくのです。

つまり異常があると、たんぱく質、赤血球が尿の中に多く含まれるようになり、血中にクレアニチンが多く含まれるようになるのです。

検査は1つではしっかりとした結果を得ることはできない

腎臓病かどうかを調べていく際に尿検査、血液検査は基本中の基本と言えるでしょう。これらでしっかりと調べた結果、異常が出てきた際、より特化した検査をしていきます。それゆえに血液検査や尿検査はある程度、腎臓の異常性を洗い出す作業でもあり、特定ができるというわけではありません。特定をしていくためには、こまごまとしたしっかりと、特定の機能に焦点を当てた検査をしていくことが必要です。(例えて言うのであれば糸球体のろ過機能を調べる検査などです)
これらの検査の結果、異常があると判断された場合、腎臓病と診断されることが多いでしょう。
ただ、検査で異常が出てこないという場合でも、一般的な検査でひっかかったという事実をしっかりと見て、要観察という診断を受ける可能性は十分にあります。そのような場合定期的に健康診断を受けていくことになるでしょう。

専門的な検査としてはどのようなものがあるのか

腎臓についての専門的な検査で有名なものはクレアチニンクリアランスとなります。これは検査というよりも計算式となるのですが、尿の量と、尿中クレアチニンの数値と、血清のクレアチニンの数値から求めていくものになります。
精密検査となってくるので、一般的な検査よりも信憑性は高くなっていきます。

腎臓の組織を直接調べていく検査もあります。腎生検と呼ばれる検査であり、実際に腎臓の組織を取り出してその上でその組織を調べていきます。この検査は実際に組織を確認していくことができるため、直接症状の状態を把握していくことができます。しっかりとした診断を下す際の情報材料になることも多く、ここで腎臓病という判断が出た場合には、腎臓病として治療の方針を立てていくことになるでしょう。

しっかりと検査を受けていくことが大切

一般的な検査で異常が出てきてしまった場合、医師の説明をよく聞くことがとても大切です。一般の人の知識であるとどの領域で異常が出てきているのか全くわからないことも多いです。医師に説明をしてもらうことで、専門的な検査が必要になるという場合もあります
一般の検査で異常が出てきても、経過観察で済むものもあれば、すぐに精密検査が必要になる、できれば精密検査が必要になるケースもあります。
経過観察は別ですが、すぐに精密検査を受けなければいけない場合にはすぐに受ける必要性があり、できれば検査を受けたほうが良い場合も、すぐに受けることをオススメします。医師から言われる「できれば」というのは、少なくともこの検査は受けておいたほうが良いという隠れたメッセージでもあります。決して「できれば」だから必須ではないという思い込みはしないほうが良いでしょう。検査を受けなければいけないという場合、多くは治療をしていかなければいけないような状態となります。

変に安心をせず、しっかりと検査を受けていくことがとても大切になってくるのです。

腎臓病対策サプリメント2017年最新人気ランキング

腎臓病の薬

腎臓病にも薬を利用して治療をする薬物療法はあります。近年薬というのはその性質がより良いものになってきているため薬がメインになることも少なくありません。
薬と言うと副作用等を怖がる人もいますが、副作用と一概にいっても、ほとんど出てこない副作用も多く、万が一のことを考えて副作用として扱っていることも多いです。

また逆に副作用が全くない薬というのも存在せず、専門家の指導のもと利用をしていくことが大切です。噂や、憶測等に惑わされて薬に抵抗を持ってしまうのは薬物利用の上で一番大きな問題となってしまいます。正しく使えるように薬について関心を持っておくことは治療の上で大きなポイントです。

■降圧薬という薬
腎臓病の薬でよく利用されるものとしては、降圧薬があります。この降圧薬というのはどのような薬であるのかというと、高血圧を改善する薬となります。高血圧というのは腎臓に良くない影響を及ぼすことが多く、血圧をコントロールすることによって腎臓を守っていくことになります。当然高血圧を患っている人も利用するので、降圧薬というのは高血圧を改善して行く上で、多くの症状を改善できる薬であるとも言えるでしょう。(病気が治るかどうかというのはまた話が違ってきます)

■クレメジンという薬
腎臓の機能の低下を予防するという意味で利用されることが多いのが、クレメジンという薬になります。この薬は腎不全の時に利用されることも多い薬であり、腎不全の症状の1つとしてある尿毒症を抑制する効果も大きく期待できます。
腎不全になると、現段階では病気の治療というよりも「進行の抑制」に大きな焦点が当たっていきます。このクレメジンはその抑制という意味で大きな効果を持っている薬の一つとなります。

■カリウム吸着薬という薬
カリウム吸着薬という薬もあります。これは腎臓の機能が低下することで引き起こされる高カリウム血症を予防していく、改善するために利用をしていく薬となります。便秘等を引き起こしてしまうという副作用もありますが、これらは他の薬を利用することでコントロールしていくことができるとされています。

●まだまだ多い薬の種類

腎臓病に関する薬はまだまだたくさんあります。症状に合わせて組み合わせていく、また出てきている症状に合わせて、薬を処方していくことになるので、種類としては非常に多いと考えていくこともできます。

ただ、そんな中であまり効果的ではないとされているのが漢方薬です。漢方薬は時に、万能薬のように扱われてしまうことがありますが、決してそのようなことはないので注意が必要です。
現在腎臓病に良い、明確な効果があるとされている漢方薬はないと考えることができ、逆に漢方薬のビジネスひっかかってしまうことがあるので注意が必要です。

漢方薬と言うと、副作用がないというイメージをする人もいますが、漢方「薬」であるので副作用が全くないということはありえません。何かしらの副作用が潜んでいる可能性はあるので、利用をする際には必ず自分の体に合うのかどうかを確認してから利用をしていくことがとても重要となります。
(健康管理で漢方を利用する人はいます。実際に効果を感じている人もいるので、漢方が全く効果がないということではないと言えるでしょう。ただ、どんな病気にも効くということではなく、しっかりと目的を持って利用をしていくことが重要です。漠然と利用しているだけでは副作用のほうが強くなってしまう可能性があり、これは西洋医学における薬でも同じ様なことが言えます)

●一方的な服薬にならないように

薬を利用していく上で一番大切なことは薬を理解していくことです。薬を理解することが病気を治していく上でとても重要です。
服薬と言うと、医師から処方されてただ、それを飲んでおけば良いと思ってしまう人がいますが決してそうではありません。薬にも相性があります。飲んで良くなることもあれば悪くなることもあります。悪くなった時に、それに気づいて服薬をやめるというのもある意味では正しい薬の利用の仕方になります。(薬について医師に相談することは必要です)
薬がどのような効果を持ち、副作用を持っているのかに理解を示しておけば、体調の変化が効果なのか、副作用なのかを理解することができます。これは健康管理をしていく上で必須です。

処方されたから飲むという一方的なものではなく、効果があるかないかを確かめ、自分から医師に「他の薬はあるのか」「別の薬を試してみたい」というように意見を言っていくことがとても大切です。当然意見が通らないこともありますが、通らない理由を知ることで、病気を理解できる場合もあります。医師もそれをしっかり説明していく義務があるので、万が一ごまかされたり、説明をしてくれないようなことがあれば別の医師を探す判断材料にもなるでしょう。

腎臓病対策サプリメント2017年最新人気ランキング