看護師01

先生、クレアチニン値の改善には運動が良いんですよね?


dr02

適切な運動はクレアチニン値改善には効果が期待できるよ。


看護師01

先生、運動が苦手なんですけど、楽な運動ってないんですか?


dr02

・・・


キャラ04

先生、絶句してます?


dr02

・・・


05

もう~バカにしてる~

突然ですがあなたは普段運動してますか?

生活習慣病の原因の一つに運動不足があります。運動をすることは、この生活習慣病の予防改善には欠かせません。

しかし、普段から運動をしていない人は、「わかってはいるけど続かないんだよな」なんてことになっている場合が多く、結果として数値が改善していません。

もう一つ生活習慣病の原因に食事があります。

あなたは規則正しい食生活を送っていますか?お昼に食べる定食のご飯は大盛ですか?ラーメンにライスを付けてかきこんでいませんか?

あなたがもし、数値を改善したいと真剣に考えているなら、食事と運動を見直す事がとてもとても重要です。ここでは、腎機能が低下している人のための、食事と運動についてわかりやすく解説していきます。

腎臓病の予防改善のために運動はするべき

腎臓病をはじめとする、生活習慣病の原因に運動不足があげられます。

運動の効果というのは、単に筋肉を大きくするだけではなく、食生活の乱れによるメタボリックシンドロームの予防改善、また運動をすることによって、消化器系を中心とした、内臓機能の向上や心肺機能の向上・改善など、運動によるメリットはとても大きく、普段定期的に運動をすることは、腎臓病の予防改善だけでなく、生活習慣病の予防改善には欠かせません。

また、健康であれば、運動によって腎機能に支障をきたすという事はありません。クレアチニン値が安定し、問題がなければ、数値を下げるために定期的に運動をすることはおすすめします。

クレアチニン値が高い場合無酸素運動は要注意

腎機能が低下し、それにともないクレアチニン値が上昇気味の場合、呼吸を止めて行う激しい運動、無酸素運動は避けるべきです。

ではなぜ無酸素運動は腎臓に問題がある場合やってはいけないのでしょうか。無酸素運動を行う事によって、腎臓や肝臓、脾臓などでクレアチンというアミノ酸物質が作られます。

このクレアチンは本来、激しい運動によって消費されたエネルギーを補う役割があるため、無酸素運動を継続していくためには欠かせない物質なのです。

しかし、腎臓に問題がある場合、クレアチンの発生によって、クレアチニン値が上昇し、腎臓に負担が掛かってしまします。このために、クレアチニン値が高いなどの問題がある人は、無酸素運動を控える事が大切なのです。

ただし無酸素運動は、健康の維持増進に大きな役割をしていることも事実です。無酸素運動をすることによって、基礎代謝があがります。

そのことによって、脂肪を燃焼するなどのダイエット効果や、成長ホルモンの分泌を促進することで得られるアンチエイジング効果など、多くのメリットがあることも事実です。無酸素運動をする場合は医師などと相談の上、クレアチニン値が安定している状態の時に行なうようにしましょう。

クレアチニン値を下げるためには有酸素運動を

クレアチニン値が高い時には、無酸素運動が良くない事はお分かりいただけたと思います。

しかし、運動不足は腎臓病をはじめ、生活習慣病の大きな原因です。そんなクレアチニン値が高く、腎臓に不安を感じている時、数値の改善効果が期待できるオススメの運動が、有酸素運動です。

有酸素運動とは、心拍数を上げすぎないで行う運動で、運動をしていてもそんなに辛くなく、楽しみながらできるくらいの状態で行う運動です。有酸素運動は、腎臓に過度の負荷をかけずに行える最適な運動で、毎日の生活の中でも行えるメリットがあります。

また、有酸素運動の腎臓への効果としては、運動をすることで汗をかけるという事があります。汗をかくことで、身体に溜まった毒素を汗と一緒に排出することができます。腎臓のために有酸素運動をすることは、体内の水分を循環し、このいらない不純物を排出することができる、という事も大きなポイントなのです。

運動時間の目安としては、20~30分とし、こまめに水分補給をしながら行う事がポイントです。水分を摂ることは、血中の塩分濃度を下がる役割もあるので、腎臓にとってはなおさら良い効果が期待できます。

おすすめの有酸素運動としては、ウォーキングやジョギング、水泳やサイクリングなどで、ポイントは決して無理をしないという事です。これでは少し楽すぎるかなというくらいで構いません。

大切なことは、日々継続していくことです。時間がなく、スポーツジムなどに行けない人は、通勤時は駅まで歩く、エレベーターやエスカレーターは使わず階段を利用するなど、できる事を継続することが、クレアチニン値を下げるためにの対策として、とても重要です。

腎臓病の大きな要因日本の食事情の変化

腎臓病をはじめとする、生活習慣病の原因として食事があります。

食事というのは、私たち人間が、生命活動をしていくうえで、欠かせないものです。しかし最近の日本人は、食の欧米化が進み、この50年で食卓に上がる食材が大きく変化してしまいました

本来日本人は、たんぱく質は魚から摂り、納豆や味噌、醤油などの発酵食品や海藻などから健康に必要な栄養素を摂っていました。しかし最近では、スーパーやコンビニなどでの中食化、レストランやファーストフードなどでの外食など、食生活が大きく変化してしまいました。

実はこの変化が、身体に大きな負担を与えているのです。クレアチニン値が高い人や腎臓病の人などは、もともと高血糖や高血圧の人、尿酸値が高い高尿酸血症の場合が多く、これらの原因はやはり普段の食事にあります。脂肪の摂りすぎ、肉などのたんぱく質の摂りすぎ、アルコールの摂りすぎ、塩分の摂りすぎなど、「摂りすぎ」によって生活習慣病になってしまっているのです。

健康的な生活を送るためにも、生活習慣病の原因である血糖値や尿酸値の上昇、高血圧など、上がってしまった数値を下げるためにも、日々の食生活の改善が大切です。

腎臓病食事対策は生活習慣病対策

腎臓病をはじめとする生活習慣病の食事対策として以下の事に注意が必要です。

1. 塩分を摂りすぎない

塩分の摂り過ぎは、高血圧の原因です。減塩を心がけ、料理の味付けを工夫しましょう。また、外食は塩分過多の最大要因。自炊をするなどして、塩分をコントロールし、数値を下げる努力を心掛けましょう。

2. 野菜を多めに摂る

厚生労働省では1日350gの野菜を摂るよう推奨しています。野菜には食物繊維が多く含まれており、血糖値の上昇を緩やかにしてくれる効果があります。積極的に摂るよう心掛けましょう。しかし、腎臓病と診断されている人は注意が必要です。カリウム制限をしている人は、医師に相談の上、摂取量を決めましょう

3. アルコールは控える

アルコールにはプリン体が多く含まれています。特にビールは、アルコールの中でもプリン体の含有が高く、高尿酸血症や痛風の原因として知られています。今現在、尿酸値が高い場合は医師と相談し、酒量と種類を考慮しながら、尿酸値を下げるための飲酒の工夫が重要です。

クレアチニン値を下げるサプリ2017年人気ランキング

食事の制限も運動も苦手という人はどうしたらいい?

腎臓機能が低下して、医師から食事制限や運動の継続をアドバイスされ、実践されている方も多いと思います。

中には家族の協力を得て、順調にクレアチニン値を下げる事に成功し、改善効果を実感している方もいる事でしょう。しかし、30代、40代のサラリーマンなどは、仕事の量も増え、それに伴い酒席も多く、食事制限はおろか運動をする時間もないという方も多いと思います。

腎機能の低下は他の生活習慣病と同様、放っておくと重篤な状態になってしまいます。中には人工透析を受けるために、週3日、1日5時間も透析に割かれ、仕事も継続できなくなってしまう方も大変多くいらっしゃいます。

あなたがもし、そのような状態になってしまっては、家族は大変です。そうならないための食事制限や運動なのです。しかし、先程も述べたように、どうしてもできないという方は、サプリメントなどを活用することをオススメします。

最近のサプリメントは非常に優秀です。腎機能回復、クレアチニン値の安定を目指す方には「ケルセチン」という成分を配合したサプリメントがオススメです。※ケルセチン高配合の人気サプリメントはこちら

クレアチニン値は一度上がってしまうと完治することはありません。早め早めの対応が、クレアチニン値を下げるための最大の対策です。食事、運動と共に、生活習慣全般を見直し、大切な”健康”を手に入れてください。

ケルセチン高配合の人気サプリメントはこちら