看護師01

先生、今回はクレアチニンの事を教えて下さい


dr02

クレアチニン値は腎臓がしっかり機能しているかを知る大切な数値なんだよ


看護師01

クレアチニン値が高いと何がいけないんですか?


dr02

クレアチニン値が高いと腎臓病のリスクが大きくなるから早めの対策が必要になるんだよ


キャラ04

腎臓病は悪化すると人工透析をしないと生きていけなくなっちゃいますよね~


dr02

そうだよ。だから正しい知識と早めの対策が必要なんだ

多くの人がクレアチニン値を安定させることに成功した今話題の成分とは!?

突然ですが、あなたは男性ですか、それとも女性ですか?

もしあなたが健康ならば、腎臓病の事で悩んでいる人の事は理解してあげられないでしょう。

しかしあなたのまわりで、腎臓病と戦っている人がいるなら、その大変さはよくわかると思います。

腎臓病は進行すると、人工透析をしなければいけなくなります。人工透析の辛さは、なった本人しかわかりません。

少しくらいクレアチニン値が高いくらいなどと軽く考えず、あなたのもしくは、あなたのまわりの人がこれ以上悪化しない為の知識を身につけて下さい。

あなたのクレアチニン値が1.0を超えている場合、これ以上クレアチニン値を上げないようにするためには、薬による薬物療法のほかに、食事療法を中心とした生活習慣の見直しが大切になってきます。
特に食事の内容を改善することは、クレアチニン対策には大変効果があることがわかっています。

しかし、病院などで指導されるクレアチニン値対策の食事療法は外食の多い働き盛りのサラリーマンの方には難しい所もあるのではないでしょうか。

ここでは、そんな忙しいサラリーマンや食事療法に挫折した方が、積極的に摂った方が良いおすすめ栄養成分を紹介します。

クレアチニン値対策に今一番おすすめな成分アンセリン

現在、腎機能低下によるクレアチニン値の上昇に最も効果のある成分として、アンセリンがあります。アンセリンは、魚や鳥などの筋肉から生成されるアミノ酸で、魚ではマグロやカツオ、サケなどに多く含まれています。マグロなどの回遊魚が長時間泳いでいられるのも、このアンセリンの働きであることが、近年わかってきました。
アンセリンは、β―アラニン、メチルヒスチジンというアミノ酸で構成されており、体内の不純物を排出してくれる効果が認められ、クレアチニン値が上昇する腎臓病だけでなく、尿酸値が高くなる、いわゆる高尿酸血症の改善にも高い効果を発揮するなど、生活習慣病の治療を専門とする医師や、改善を目的とする患者からも非常に注目されている成分です。中でもマグロやカツオなどの魚類から生成されるアンセリンは、クレアチニン値の改善や高尿酸血症の改善に高い効果があることがわかっており、アンセリンを普段の食事から意識して摂るには魚料理を中心にした食事療法が良いとされています。

アンセリン高配合人気NO1サプリメントは

クレアチニン値を下げる成分オルニチン

オルニチンという成分は聞いたことがある人は多いと思います。この成分は肝臓のサプリなどで目にすることも多いはずです。しかし、このオルニチンは腎臓にも大きく影響をしているのです。オルニチンはアンモニアの解毒を行なってくれます。アンモニアの処理は肝臓や腎臓の役割であることも多くこの処理を補ってくれるオルニチンというのは直接的に腎臓の負担を減らしてくれることになります。腎臓の負担が減れば減るほど、それは腎臓としての機能を落とさないようにできることを意味します。

シトルリンもクレアチニン値を下げる成分として効果的

シトルリンという成分もまた腎臓にとって良いとされています。シトルリンというのは、利尿作用を持つ成分であり、利尿作用は腎臓の大きな役割である排尿をサポートしてくれる作用です。腎臓がしっかりと排尿できるような環境を整えてくれると考えるとこれは非常に大きな力になってくれることでしょう。
むくみや、体内の浸透圧の調節等にも影響をしていきます。
このシトルリンという成分はスイカ等に含まれているのですが、スイカ等はカリウム等を多く含んでいるものでもあり、カリウムの摂取に制限がかかっている場合には、少し注意が必要です。シトルリンが含まれているからカリウムが多少入っていても大丈夫・・・と考えてしまうのは危険です。
人の体は食べることによる影響よりも蓄積させてしまうことの影響のほうが強く受けがちです。それゆえに、シトルリンのメリットよりもカリウムが蓄積してしまうデメリットのほうが大きくなってしまいがちということです。

血液サラサラ成分ケルセチンがクレアチニン値を下げる

ケルセチンは、タマネギなどの野菜の多く含まれる成分、ポリフェノールの一種で、抗酸化力が非常に高く、アンチエイジング効果やアレルギー改善効果など、多くの疾患に有効と言われています。中でも、血液をサラサラにしてくれる効果が期待でき、動脈硬化の予防改善効果が高く、腎臓の働きを改善してくれる成分として、注目されています。クレアチニン値の改善にも効果絶大で、クレアチニン値が高い30人の被験者に、一日60gのタマネギを食べる実験を30日間続けた結果、ほぼ90%の被験者のクレアチニン値が下がったという結果が出るなど、クレアチニン値が高く、腎臓に不安を感じている人には効果的な成分です。
毎日の食事の中に、ケルセチン含有食品を取り入れることで、クレアチニン値の改善に繋がります。

ケルセチンを多く含む代表的な食品
・タマネギ
・リンゴ
・蕎麦
・柑橘類
・緑茶

など、普段の食事からでも手軽に摂れるため、積極的に摂ることをオススメします。
また、食事からだけではなく、ケルセチン配合サプリメントなどでも補う事ができます。忙しい人などは、サプリメントを活用し、クレアチニン値対策をしてみて下さい。

ケルセチン高配合サプリメント

麦茶や、シークアーサー等も効果的なの?

クレアチニン値の改善や腎臓機能回復にとって良い成分というのは、他にも多くあります。そのうちの1つとして、麦茶があります。麦茶は効果的にどろどろとした血液に水分を与えさらさらにしていくことができます。これによって高血圧などの予防につながり、腎臓に血液がしっかりと行き渡るようにすることができます。これは全身にとっても当然良く、水分を補給していくことができる状況であれば、体にとってメリットはあるでしょう。
ただ、腎臓の状態や麦茶の成分によっては、腎臓に負担のかかるものが入っていることもあるので、飲み続けようと思った際には医師に相談をして、問題ないかどうかを確認していくことをオススメします。(特に麦茶の成分には気をつけておきたいところです。多くの成分が「健康のため」に配合されているとしても、腎臓の機能が低下した人にとっては「不健康の原因」になってしまうこともあります)

シークアーサーにも、余計なものを排泄していこうとする成分があり、ノビレチンという成分が含まれています。生活習慣病等にも効果的と言われているので、健康を維持していくという意味では大きく期待をすることができるでしょう。

ただ注意をしなければいけないこととしては、場合によってはこれらの成分を摂取しようとして、他の成分を摂取しすぎてしまう状況になる場合もあるということです。こうなってしまっては本末転倒です。不調につながることもあるので、注意が必要です。

クレアチニン値を効果的に下げるサプリメント選びのコツ

アンセリンやケルセチンなどの成分が、クレアチニン値の改善に効果が高いからと言って、普段の食事からクレアチニン値を改善させるだけのアンセリンをとるためには、マグロやカツオなどを1日当たり、10キロ以上食べなければならず、現実的ではありません。また、ケルセチン配合の食品も、毎日続けるとなるとストレスになります。クレアチニン値を下げるためには、普段の食生活の改善が第一です。しかし、食生活の改善と一口に言っても、それを毎日用意することはなかなかできる事ではありません。クレアチニン値が高い人は、血糖値や尿酸値にも問題を抱えている場合が多く、サプリメントを選ぶ場合、これらの症状を併せて考える事が大切です。金額や広告に惑わされず、自分の身体に合ったサプリメントを選び、摂ることが重要です。

アンセリンは含有量が大切

現在、アンセリン含有のサプリメントは多くの会社が販売しており、値段も様々です。しかし、サプリメント選びで大切なのは金額よりも効果です。1日のアンセリンの摂取量目安として、300mg以上摂れるサプリメントを選ぶことをおすすめします。そしてサプリメントだけに頼ることなく、普段の食生活をもう一度見直し、クレアチニン値の改善効果の高い成分配合の食品も、積極的に摂るよう心掛けて下さい。

Dr.X

クレアチニン値を下げるには食事が大切だという事はわかったかな?


ミサキ

よくわかりました!


Dr.X

そして一番大切なことは早め早めの対策なんだよ


ミサキ

そうですね。症状が出てからでは手遅れですもんね


Dr.X

アメリカなどではクレアチニン値は薬で安定させるのではなく、ほとんどの場合サプリメントを使用しているんだよ


ミサキ

そうなんですか!先生ありがとうございました!