クレアチニン値が上がってしまった人の食生活を分析すると、総じて「外食」が多いことがわかります。全ての外食が悪い訳ではないのですが、気になるものが塩分、脂肪分、炭水化物に偏っていることが挙げられます。クレアチニン値の改善・治療を考える上で、普段の食生活を見直す事がクレアチニン値を下げる近道です。

そこでクレアチニン値を下げる効果の高い食品が多いとされているのが、和食です。和食の特に味噌汁は、わかめなどの海草や、味噌や豆腐などの豆類を多く利用しているため、クレアチニン値を下げる効果が期待できます。しかし味噌汁と言うと、ついつい塩分の取りすぎになってしまう可能性もあり、塩分過多もまた腎臓病にとって良くありません。減塩味噌などを使用するなど、塩分を摂りすぎないよう心掛けましょう。

和食のような低カロリー食というのは、生活習慣病の予防改善、メタボ対策に非常に高い効果があることがわかっています。イワシやサバなどの青魚も、たんぱく質の摂取だけではなく、DHAなどの栄養も取れるとても良い食品です。
逆に肉中心、炭水化物中心など偏った食事というのは、腎臓病だけではなく、糖尿病や高脂血症など生活習慣病を引き起こす原因です。特にクレアチニン値対策をしていくうえでは、なるべく避けた方が良いでしょう。
クレアチニン値を気にしなければいけないような状態(対策が必須な状態)というのは、決して腎臓が良い状態ではありません。そのような時に、身体に負担が掛かるような食事というのは決してオススメできません。名古屋学芸大学管理栄養学部の塚原丘美先生は、農林水産省主催の地域フォーラム「東海地域食料自給率向上研究会」の中で、「和食は世界が認め、参考にしている健康食です」と言っており、「世界は健康的な和食を目指し、日本は不健康な欧米食を目指している」と、現在の日本の食事情に警鐘を鳴らしています。 
※農林水産省主催地域フォーラム東海地域食料自給率向上研究会での塚原丘美レポートはこちら

クレアチニン値を下げる食生活を送るための心構え

クレアチニン値が高い時の食事を改善するために、あれこれ調べると、普段なかなか口にしないものも多く、ストレスを抱えがちです。腎臓病の末期状態でなければ、まずはいきなりすべての食事を変えるのではなく、例えば「インスタントラーメンは食べない」「揚げ物ばかりの弁当は食べない」などのルールを自分で作り、できる事を始めていくことが大切です。外食などをするときも、塩分が多めのラーメンではなく、青魚定食などに変えていく、などの工夫をすることもオススメです。腎臓病をはじめとする生活習慣病は、食事だけを改善すればよいという訳ではありません。しかし、クレアチニン値は食生活を見直し、改善することで効果が出やすいことも事実です。ストレスにならないよう心掛けながら、普段の食事を見直していきましょう。

クレアチニン値の改善に効果の高いサプリメントをうまく活用する

クレアチニン値を下げるために取り組む食事療法や、不規則な生活習慣を変えることが難しい場合は、市販のサプリメントを使うという事も非常に効果的な方法です。クレアチニン値を下げる専用のサプリメントというのは、コンビニや薬局などではなかなか手に入らない場合があります。そんなときは、インターネットなどで販売しているものを使用するのが良いでしょう。特に腎機能、クレアチニン値の改善に効果のある成分として、「ケルセチン」があります。ケルセチンを多く含む食品として、タマネギやアスパラガス、リンゴや蕎麦、ブロッコリーなどがあり、普段の食事からも摂れる成分です。手軽に食品からも摂れるケルセチンという成分は、熱に強く、調理に向いている成分です。しかし水と一緒に流れやすいなどの性質があるため、オニオンスライスなどにしてしまと、成分が流出してしまうため、調理の工夫をすることが大切です。また、1日の摂取目安量200mg~500mgを食事から摂ることは難しい場合が多く、サプリメントなどで補うなどの工夫が必要になります。最近では、ケルセチンの効果はかなり多くの人も知っており、効果効能もアンチエイジング、生活習慣病の予防改善、関節痛や骨粗鬆症など多岐にわたっており、普段からケルセチン配合のサプリメントを摂ることは、健康の維持管理に大変効果的です。
ケルセチン高配合の人気NO1サプリメントは

クレアチニン値が下がりすぎている場合

クレアチニン値が高い人にとって、数値が下がっていくのはとても嬉しいことかもしれません。しかしその下がり幅があまりにも大きい、ずっと下がっていくということであるとこれは逆に注意が必要になります。
この場合筋肉が正常に作られていない、機能していないことを意味し、場合によってはどんどん筋肉が減ってきてしまっている場合もあります。
これが病的なもので引き起こされている可能性も、十分に考えられ、これはこれでしっかりとした治療が必要になります。筋ジストロフィーや多発性筋炎などが考えられます。
数値が下がったからと喜ばず、正常範囲にとどまれるようになっているのか、それとも大きく下がりすぎているのかをしっかりとチェックしていくことが必要です。
クレアチニン値については、筋肉がしっかりと動いているかどうかを確認するための数値でもあるため、数値の上下に関心が行き過ぎて、本質を見失わないようにすることがとても大切になります。
「正常範囲であること」がとても大切であり、下げれば良いというものではないことを認識して生活習慣の改善に取り組んでいくことが必要です。

ケルセチン高配合人気NO1サプリメントは