クレアチニン値が上がるというのは、運動を活発に行なっている人であれば当然起こってきます。クレアチニン値は上げてはいけないということではなく、上がっても正常に戻る、あるいは正常の範囲内で上昇していくことが大切になるのです。全く上げないようにするというのはなかなか難しく、筋肉質の人ほどクレアチニン値は上がりやすくなります。しかしクレアチニン値が上がったからと言って、すぐに対処が必要ということでもありません。
しっかりと定期的に検査をしていて、多少上がったくらいであれば体調などの影響を受けているだけの可能性があります。問題となるのは、非常に高い数値を出している場合、そして高い数値が長期的に続いているような場合です。高い数値が続いているということはそれだけ本来排泄されるべきクレアチニンが排泄をされていないことを意味します。非常に数値が大きいという場合には、腎臓の機能が大きく低下してしまっている可能性があります。
このような場合クレアチニンを下げるような努力が必要になります。激しい運動をしていることでのクレアチニン上昇で、このようなことが起こってくることはありません。異常な上昇というのは腎臓の機能に大きく影響しています。

クレアチニン値を上げる食べ物はたくさんある

クレアチニン値を上げる食べ物が悪いわけではありません。腎臓の機能が落ちているのに無計画にクレアチニン値を上げる食べ物を食べるのが良くないことになるのです。機能が落ちている時に食べない方が良い食品として代表的なものは、たんぱく質を多く含んでいるもの、食塩を多く含んでいるもの、カリウムを多く含んでいるものです。

食塩を含んでいる、たんぱく質を含んでいる、カリウムを含んでいる食べ物というのは挙げていけばキリがないほど多くあります。それゆえに、注意しなければいけない食品は数多くあると考えることもできます。
ただ、このような食品を極度に制限をしなければいけない状況というのは腎臓の機能が著しく落ちてしまっている状況です。そうでなければ食事の量を減らしたり、たんぱく質や食塩の量に気をつけておくことで、対応できることが多いです。また人によって注意するべき食べ物が違う可能性も当然あります。

腎臓について食品で気になる場合には、自分ひとりで調べるのではなく、専門家の意見を聞くことは間違いなく必要です。これをしないで調べただけの知識で行なってしまうと、思わぬところで余計な栄養を摂ってしまっている可能性があります。実はこれが一番怖いことであり、知らないところで腎臓の症状が大きくなってしまうことがあります。

腎臓病に詳しい病院、専門病院であれば、腎臓に関するスペシャリストが揃っていることでしょう。栄養や食事についてアドバイスをもらっていくことはそう難しいことではありません。
相談をすれば、計画的な食事等の提案や、食品等の提案をしてくれることもあります。またサプリメントや漢方を利用していく場合も、できれば相談をしておきたいもので、それを踏まえた食事を検討していくこともとても重要になります。サプリメント選びで間違えてはいけない事は、クレアチニン値の安定と腎機能の回復を目的とするなら、「ケルセチン」配合のサプリメントを選んでください。ケルセチンは昨今、医師や薬剤師の間で人気のある成分で、クレアチニン値対策だけでなく、肝臓脂肪の燃焼や関節痛、血管を丈夫にし、血液をサラサラにしてくれるなど、健康の維持・増進に欠かせない栄養素です。
ケルセチン高配合サプリはこちら

クレアチニンを上げる食品を全く食べない・・・

クレアチニン値を上げる食品を全く食べないことでクレアチニン値を上げないようにすることはできるのか・・・ということですが、これは不可能と言えるでしょう。このようなことをすると、人が生きていく上で必要な栄養素を摂取していくことが難しくなり、別の意味で命に支障をきたすような状況になってしまいます。
クレアチニン値が上がることは悪いことではなく、悪いことはそれをしっかりと排泄できないことということをしっかりと忘れないことが大切です。クレアチニン値の上昇が悪いというように錯覚をしてしまいがちですが、これは大きな間違いです。しっかりと排泄することができないことが問題であるということを自覚しておかないと間違った選択をしてしまうことも少なくありません。

腎臓の機能を極力落とさないようにするためには

腎臓の機能を極力落とさないようにするためには、腎臓に無理をさせないことです。クレアチニンを上げる食品は無計画に食べると、腎臓の排泄機能を超えてしまい、体内に蓄積していきます。しかし腎臓は頑張って外に出そうとします。疲れているのに余計に疲労感が溜まり腎臓はどんどん機能を落としてしまうことになるでしょう。そのようなことが起こらないよう、無計画にクレアチニン値を上げる食品を食べることは避けておいたほうが良いです。
同時に、しっかりと体の代謝を高めておき、同時に余計なものを溜め過ぎないようにしっかりと運動、睡眠をし、体を快適な状況に持っていくことが大切です。便秘などにもならないように注意をしていくことも大切です。(腎臓の機能を落とさないような生活は便秘にも当然良いです)

クレアチニン値を下げるサプリ2017年最新人気ランキング