赤ちゃんが産まれて100日目のお祝いのことをお食い初めと言います。赤ちゃんに食べ物を与える“ふり”をしますが、なぜそのようなことをするかご存知ですか?おじいちゃんやおばあちゃんはお食い初めをとても大切にする方が多いですね。
今回はお食い初めについてご紹介します。

お食い初めとは?

お食い初めは「一生食べ物に不自由しないように」、「丈夫な歯が生えるように」、「健やかに育つように」と願う儀式です。
「歯固め」、「箸ぞろえ」、「箸始め」などとも呼ばれています。地域によっては生後100日ではなく、110日目や120日目に行うところもあります。

お食い初めで準備するものはある?

まずは祝い膳(食器)から。
・お箸…柳の白木
・お椀…鶴や松の蒔絵模様のある漆器
・お膳…紋付で高足のお膳

男の子は朱塗りのもの、女の子は外側が黒塗りで内側が朱塗りの漆器
それから、神社の境内から歯固めの石をお借りしてきましょう。境内にある小石を見つけて、終わったらまた境内に納めましょう。
小石を使うのは、小石のような硬いものでも食べられるくらいの丈夫な歯が生えるようにとの願いを込める意味があります。
祝い膳は母方の祖父母から贈るという古くからの習わしがありますが、最近では高価でデリケートな漆器ではなく、これからも使っていけるように離乳食用の食器を贈ることが増えています。

祝い膳のメニューは?

祝い膳の基本は一汁三菜です。それに尾頭付きの鯛や海老を用意します。
祝い膳の食器には鯛や海老はのせません。別のお皿に盛りつけてくださいね。

・赤飯

ごはんは赤飯が定番ですが、春はたけのこご飯、秋には栗ごはんなどにしてもOKです。
※授乳中のママは注意!赤飯はもち米を使うのでおっぱいがつまって乳腺炎になることも!食べるときは少量にするか、ママだけ違うごはんにするほうがいいですよ。

・お吸い物

はまぐりのお吸い物や鯛や鯉が入ったお吸い物が一般的です。鯉は手に入れにくいので、はまぐりのパックを買うのがおすすめです。中には赤ちゃん用のスープにする方もいらっしゃいます。

・煮物

季節の野菜の煮物でOKです。昆布(よろこぶ)を使うのもGOODです。
かぼちゃの煮物などでも大丈夫なので、産後のママは頑張りすぎないでくださいね。

・香の物

香の物はお漬物ですね。市販のお漬物を利用されている方が多いですが、かぶや大根などを浅漬けなどにする方も。おばあちゃんからもらってもいいですよね。

歯固めの石はどう使うの?

歯固めの石を箸に当てて、その箸を赤ちゃんの歯茎に当てて「丈夫な歯が生えますように」と願いを込めます。箸で石をつまんで、食べさせるまねをするところもあり、地域や家庭によっても違います。
地域や家庭の習わしがあることもあるので、おじいちゃんやおばあちゃんに効いてみるのもいいかもしれませんね。

いかがでしたか?
赤ちゃんが無事に産まれたから100日がたち、これからの食べ物に不自由しないように願うのがお食い初め。お食い初めはぜひ、ママとパパだけでなく、おじいちゃん、おばあちゃんも家に招いてみんなで赤ちゃんの成長をお祝いしてあげてください。