2歳児の成長スピード

2歳児は言葉も増えて、意志の疎通もできるようになります。
何より思った以上に早く走ります!
昨日登れなかった階段を登れるようになったり、昨日のりこえられなかったベビーゲートをのりこえたりします。
クレヨンも持てなかったはずなのに上手に丸を描いたり、のりやハサミを使えるようになったりします。
とってもかわいくて、とってもイライラさせられて、全然目が離せない2歳さん。
どうやって付き合っていったらいいのでしょうか。

自分でやりたい!イヤ!イヤ!

成長の1つとして、なんでも自分でやりたがる時期になります。
自分で!イヤ!ダメ!
自分でやりたいけど、上手にできない。
イライラして泣き叫んだりする子もいます。
「どうせできないのに、なんでやろうとするのー!」と思ってしまうかもしれませんが、これも大切な成長のひとつ。
とはいえ、頭では分かっていても、全然いう事を聞かずに泣き叫んだり怒ったりする我が子にイライラしちゃうこともあるかもしれません。

特に下の子を妊娠中・出産後だったりすると、やきもちや赤ちゃん返り、お兄ちゃん・お姉ちゃんとしてもっと色々お世話したいのにできないイライラなどで荒れてしまいがちです。
下の子をほめたり可愛がったりしたら、その3倍上の子をほめて可愛がる、これができるとぐっと関係が良くなるかもしれません!

依存と自立を行き来する心

1歳までの赤ちゃんは、完全に親に依存して生きています。
大人になっていくにつれ、親から自立して生きていきます。
その始まりが2歳なのです。
「自分でできる!触らないで!」と言われたあとに、「やっぱりできない。ママやって」となったときに「自分でやるって言ったでしょ!」と突き放すのでは子供の心は不安に支配されてしまいます。

甘やかすのは良くありませんが、甘えさせるのは大切なことです。

1、できなかったから、最終的にやってあげること。

2、できるのにやらないでやってほしい、といわれてやってあげること。

どちらが「甘やかす」ことになるか分かりますか?
実はどちらも「甘えさせる」です。
努力してもうまくできないから手伝ってほしい、できるのにやってほしい、という子供からの依存を突き放し続けると、信頼関係が損なわれてしまいます。
できるならいいんです。大丈夫。

ただし、おもちゃやおかしを無尽蔵に与えることは「甘やかす」ことです。

また、自分でやろうとしているのに、大人がやった方が速いしうまいからと、やらせずに育てることは意欲を削ぐ行為になります。

子供の心は「安心」と「不安」、「依存」と「意欲」を行ったり来たりしながら、成長し大人になって自立していくのです。