体重制限や、赤ちゃんの事を心配して食生活に敏感になっていた妊娠中・・・そして、赤ちゃんを出産し、ようやく好きなものを好きなだけ食べられる!解放された!とお思いのお母さんもいらっしゃるのでは?実は、母乳育児とお母さんの食生活は非常に密接な関係となっています。なかなか母乳を飲んでくれない!思うように母乳が出ない!母乳が詰まった!そんな母乳トラブルも、食生活が原因かもしれません。ではどのような食事を心がけたら良いのでしょう?母乳と食生活についてご紹介します。

そもそも母乳って何から出来ているの?

答えは、お母さんの血液です。その血液はお母さんの食べたものから作られます。つまり、お母さんの食べたものによって乳質が決まるのです。

良い乳質と悪い乳質って?どうやって判断するの?
良い乳質は、透明で青みがかかっています。また、さっぱりした甘味です。悪い乳質は、黄味を帯びており、塩っぽい又は渋みがあって不味いです。
乳質が悪い時、赤ちゃんからのSOSを読み取ることも可能です。いくつか例を挙げると、嫌がって飲まない、湿疹が出来る、うんうんと文句のような声を出しながら飲む、活気がない、痩せていたり太り過ぎたりしている、体をくねらせて飲む、顔色が悪い等の様子が見られます。
全部が全部、乳質が悪いために起こり得る事ではありませんが、乳質を、つまり食生活を見直す良い機会になると思います。当然赤ちゃんは質の良い美味しい母乳を好みます。よって、授乳中のお母さんの食生活は、母乳を栄養源とする赤ちゃんにとってかなり重要なポイントなのです。
お母さん自身が母乳を味見してみる事も大切です。

授乳中の母親に適した食事とは?

授乳中の食事は、穀物と野菜を中心とし、動物性の脂肪、タンパク質控えめの和食が適しています。
“まごわやさしい”という言葉をご存知ですか?

“ま”豆類、“ご”胡麻、“わ”わかめ(海藻類)、“や”野菜類、“さ”魚類、“し”しいたけ(きのこ類)、“い”いも類(根菜類)
以上の食材を取り入れたおかず+玄米で、より美味しい母乳が作られます。
また、乳質に良い食べ物と、乳質を悪くしやすい食べ物があるので、一部紹介します。
乳質に良い(問題のない)食べ物としては、白米、玄米、雑穀、うどん、そうめん、そば、豆腐、味噌、わかめ、ひじき、えごま油、菜種油、ごま油等があります。
乳質を悪くしやすい食べ物としては、お餅、カレー・ハヤシライス、ファストフード類、菓子パン、ケーキ、チョコ等の甘いもの、ラーメン、スパゲティ、遺伝子組み換え(外国製)の豆製品、動物油、揚げ物等です。また、乳製品はできるだけ摂取しないことが好ましいです。
“お餅を食べると母乳がたくさん出る“と聞いた事はありませんか?実は、栄養過多の現代は、お餅を食べると母乳が一気に詰まると言われているので要注意です。
食生活も大切ですが、水分も同様に大切です。母乳の88%は水分なので、水分が不足すると母乳は出にくくなります。授乳中は、お酒はもちろん、ジュース、コーヒー等のカフェインは控えましょう。麦茶や番茶、ほうじ茶、お水等、良質な水分を取りましょう。また、たんぽぽの根を乾燥させ焙焼した、たんぽぽコーヒーも良質な母乳にしてくれるのでお勧めです。
乳質を良くする食材と水分を含んだ、とっておきの一品はみそ汁です。実際に、投稿者である私は母乳が満足に出ていなかったのですが、みそ汁を毎日飲むようにすると、母乳育児が軌道に乗ってきました。もちろんみそ汁の効果だけではないかもしれませんが、一度にたくさんの食材を摂取できるみそ汁は、体の調子も整えます。日本人に欠かせない食事のひとつですね。

いかがでしたか?
子どもが小さいうちの育児はどうしても思い詰まることが多く、ストレスから暴飲暴食に走ってしまいがちですよね。しかし、子どもが小さいのも今だけ。可愛いわが子を健やかに育てるためにはお母さんの力が必要です。母乳=赤ちゃんのご飯なのです。美味しいご飯を与えたいものですね。しかしながら、そればかりに縛られてもストレスがたまる一方です。たまには自分の好きなものを食べながら、素敵な母乳育児のひと時を過ごしましょう。