「卒乳」の時期は人それぞれ。早めに卒乳するのが良いと考えるお母さんもいれば、母乳を欲しがる間はずっと与えたいと感じるお母さんもいます。また、次の子を妊娠したので断乳を余儀なくされた、という人もいるはず。正しい卒乳時期とはいったいいつ頃なのでしょうか?

産後6ヶ月で卒乳!説。

出産後すぐに出る「初乳」には、赤ちゃんの成長に大切な栄養がたっぷり詰まっています。その後6ヶ月位までは、免疫機能に寄与する栄養の詰まった母乳が出ますが、それ以降は栄養分が徐々に減っていきます。そのため、6ヶ月を境に卒乳を勧める人もいます。

しかし、授乳をすることで赤ちゃんが得るものは栄養だけではありません。授乳は、お母さんと赤ちゃんにとって大切なスキンシップの時間。授乳の際にお母さんのおっぱいからでる「オキシトシン」というホルモンには、赤ちゃんに安心感を与える効果があります。6ヶ月で止めてしまわず、もう少し続けてあげるのが良いでしょう。

そもそも、卒乳しなければいけない時期というのは存在しない!?

絶対に卒乳しなければいけない時期というのはありません。家庭や仕事の事情、次の子の妊娠などの理由で断乳するお母さんがたくさんいますが、現在、日本小児科学会が推奨しているのは、なんと4歳までの授乳を続けること。おっぱいを欲しがるうちは、無理して卒乳する必要はないということですね。

次の子を妊娠したら、授乳はストップすべき?

「授乳は子宮を収縮させるため、流産の可能性がある」とし、断乳するケースが多く見られますが、実際授乳だけでは流産を引き起こすほどの子宮収縮は起こりません。逆に、授乳することでお母さんの精神が安定したり、退治に幸福感を与えるという意見も。心配な場合は医師に相談するのをオススメしますが、基本的には無理な断乳は必要ないと覚えておいてください。

卒乳時期より大切!授乳の際に注意したいこと

授乳するときは、なるべく注意をそらさず、しっかり赤ちゃんを見つめてあげましょう。最近は、テレビを見ながら、スマホをいじりながら、など「ながら授乳」をする人が多く見られますが、そうすると授乳の際に出るホルモン量が減り、赤ちゃんが十分な愛情を感じられなくなります。「ながら授乳」で育った子供は、ADHD(注意多動性欠陥障害)や自閉症になる確率が高いというデータもあるので、十分に気をつけてあげましょう。

授乳を通してのスキンシップは、赤ちゃんにとってもお母さんにとっても非常に大切です。無理に卒乳、断乳しようとせず、限られた時間を大切に過ごしましょう。