命名のポイント

“自分の子どもには〇〇という名前を付けたい!〇という漢字を使いたい!〇〇と呼びたい!”など、子どもの名前について様々な事を想像し、楽しみにしている方は少なくないと思います。
しかし、いざ命名するとなると想像以上に悩む事が多くあります。
では、命名の際、考えておくべき点やポイントをご紹介します。ぜひ参考までに。

何から決めたら良い?

命名の際、それぞれの考え方によって重視する順位は異なると思います。具体的に命名する際一番に考える事は以下の通りです。
・呼びたい名前、響きを決める
・付けたい漢字を元に名前を探す
・良い字画の中から名前を選ぶ
・夫婦の名前や趣味を盛り込む
・身内に決めてもらう 
 など
夫婦で話し合い、まずは“何から決めるのか”という事を検討すると考えやすくなると思います。

命名の際考えておきたいポイント

命名はもちろん夫婦の自由です。しかし、子どもにとって名前という物は、親からの最初の大きな贈り物であり、一生付き合っていくものです。子どもが名前に誇りを持って一生を過ごす事のできるよう、考えておきたいポイントをご紹介します。
・誰が見ても読みやすい漢字かどうか
・見ただけで性別が分かるかどうか
・老若男女問わず好まれやすい名前かどうか
・子どもが年を取っても違和感のない名前かどうか
・名前の響きによってからかわれる可能性がないかどうか
・流行に左右されない名前かどうか
・苗字とバランスの良い名前かどうか  
など
考えたらきりがありませんね。
漢字には複数の読み方がありますし、名前特有の読み方もあるので読み間違えされる事はあると思います。しかし、誰からも分かってもらえないのは寂しい思いをします。
また、名前の響きによってからかわれるかどうかは、その子どもが周りを気にせず名前に誇りを持ち、堂々としていられる子であれば問題ありません。
しかし、もしも気にしてしまう子であれば、名前にコンプレックスを抱く事があります。
これの関しては、先になってみないと分かりませんが、今考えられる範囲だけでも避けられる部分があるならば避けてあげたいところですね。

いかがですか?

私自身、小さい頃は自分の名前が嫌いでしたが、今になると、この名前で良かったと本当に思っています。見ただけで性別がはっきり分かりますし、読み間違えをされた事もありませんし、名前の響きからつけられた相性もとても気に入っています。
自分の子どもにも、名前を好きになってほしいものですね。
子どもが名前に誇りを持って過ごす事のできるよう、一生懸命考え命名してあげましょう。
一生懸命考えたらきっと子どもに伝わるはずです。