食育というと、“料理を作らせてみる“ことをイメージする方が多いですね。料理をすることで、食材のいろいろなことを学ぶことができます。そのため、小さいうちから料理をすることは食育にはもってこいなんです。おいしく、きれいに、楽しく料理をする経験は食への関心を高めます。自分で料理して学ぶ食育については2日に渡って紹介したいと思います。

子どもの「できる!」と育てる

料理を経験することで、「できた!」という達成感を高めます。「できた」、「褒められた」などの気持ちは子どもの”自己肯定感“が高まり、「自分ならできる」という自信につながります。現代の子は自己肯定感が低く「何をやってもできないんだ」と考えてしまう子が多いそうです。ぜひ、心の成長のためにも料理を通して「できた」という気持ちを味わってほしいですね。

五感を刺激する

料理をすると五感が刺激され、食への関心が高まります。
それに料理は五感をバランスよく刺激してくれるので、脳にもいい影響を与えることが研究でわかってきました。

・視覚

さまざまな食材も色、形だけでなく、この食材は新鮮か?食べごろなのか?など見極める上
も大切です。料理ができあがったときもお皿にいかにおいしそうに盛り付けられるかも重要ですよね。「料理は目で味わう」とも言われるほど大切なものなので、子どもたちにも料理をおいしく見えるように盛り付けることを教えてあげてくださいね。

・味覚

料理にはかかせない感覚ですね!
料理を口にして「おいしい!」と感じることはとても大切です。料理の途中で、味見をしてもOK。味見をして「あんまり味がない」、「しょっぱい」などを感じて、「どうしたらおいしくなるのかな」と考えることが脳にとってもすごくいいことなんです。

・触覚

食材によって、ざらざら、ぬるぬる、つるつる、ぼこぼこ…など感触はさまざまですね。
触ることで「この食材はこうなってるんだ」、「ここがトゲトゲしているから危ない」などを感じることができます。

・嗅覚

これも料理を味わう上で大切なことですよね。においがないと味がわからなくなるよと子どもに教えてあげるとびっくりしますよ。においを嗅ぐことで食材の鮮度がわかることも教えてあげましょう。

・聴覚

鍋でお湯が“ぼこぼこ”と沸騰している、フライパンで“ジュージュー”炒めているなど、耳を通して伝わる情報もとても大切です。ジュージュー炒められているとおいしそうに感じますよね。料理をたべるときも“シャキシャキ”、“サクサク”などの音があるとおいしく、楽しく食べることができます。

いかがでしたか?
料理をすることは生活の一部と考えがちですが、心や脳の成長にとてもいいものなんです。
子どもと一緒に料理すると危なっかしくて見てられない、たくさん散らかすから掃除が…など考えてしまいますよね。しかし、危ないから慎重に扱う、最後の片づけまでしっかりすると教えてあげるのも食育のひとつです。料理を食べたときのお子さんの笑顔はママの疲れも吹き飛びます。ぜひ、ご家庭でも「料理は目でも見て、舌で感じるだけじゃないよ。においや触った感じ、音でも楽しめるよ」と教えてあげてくださいね。
次は自分で料理して学ぶ②です。実際の調理のポイントについてお伝えしていきます。