近年、よく耳にするようになった“食育”についてご存知ですか?
食育とは、日本食文化の伝承から食べ方のマナー、栄養のことなど、食に関する知識を身に付けることです。豊かな人間性を育む上で食育が重要とされ、2005年に食育基本法も成立しました。将来にも関わる食の知識を子どもたちに伝えるだけでなく、その子どもたちを育てる親として、大人も知っておきたいですね。
”食育のすすめ”と題し、第10回まで連載します。第1回目の今日は現代の子どもたちの食についてお伝えしていきます。

食育に求められるもの

2005年に成立した食育基本法では、「食育は生きるうえでの基本であって、知育、徳育および体育の基礎となるべきもの」、「様々な経験を通じて食に関する知識と食を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てること」と位置づけられています。
現代の“食”で問題となっているものはとても多いですよね。
不規則な食事や栄養の偏りだけでなく、食の安全性への不安、肥満の増加などがあります。
親として、子どもには安心安全なものを食べさせてあげたいですよね。その食品が安全かどうか選ぶ力も育むためにも食育は重要なのです。正しい食習慣と安全な食品を見極めるための知識、優れた日本食文化の継承が今、求められています。

現代の子どもたちの食

毎日家族そろって夕食をとっていますか?
それぞれの家庭環境によっても違いがありますが、家族そろって夕食をとるか家庭は年々減ってきています。子どもにとって、家庭で家族そろって食事をとることはとても大切です。現代の子どもの食は“こ食(こしょく)”が問題視されています。こ食にはさまざまな種類があるのでいくつかご紹介します。

・個食

家族それぞれが自分の好きなものを食べるバラバラ食のこと。
好きなものを食べるので、栄養バランスが悪く偏りがちです。

・孤食

ひとりで食事をとること。家族がいない孤独の食事はコミュニケーションが不足になる、栄養が偏る、好き嫌いが多くなるなどの問題も。

・固食

自分の好きな決まったものしか食べないこと。
自分の好きなものしか食べないので、栄養が偏ったり、生活習慣病になるリスクが高まります。ファストフードや高カロリーのものばかりとっていると肥満の原因にも。

・小食

食事を少しの量しか食べないこと。食事の量が少ないので、体に入ってくる栄養が少なくなります。発育に必要な栄養を吸収できないと、体力や気力のない子どもになってしまうことも。

・粉食

パン、パスタ、ピザなど粉を使ったものを多く食べること。パンやパスタなどは米よりもカロリーが高いので肥満になるリスクが高まります。また、米食と違って、おかずも高カロリーだったり、味付けが濃かったりと栄養バランスが悪く、生活習慣病になりやすくなります。

・濃食

味付けの濃い食品を好んで食べること。加工食品などは塩分や糖分が多く含まれています。小さい頃から味の濃いものを食べていると味覚障害を起こす危険性もあります。

こ食の改善するために必要なものは、家族で食事をとること。コミュニケーションをとりながら食事することで心の安定だけでなく、偏食や暴飲暴食なども防ぐことができます。ひとりで食事をとっていると好き嫌いを指摘してくれる人がいないため、好きなものばかり食べ栄養が偏っていきます。結果として、肥満になったり、生活習慣病になってしまうことも。最近、キレやすい子どもが増えた…と言われていますが、食生活がひとつの原因とされています。しっかりと食事をとって、家族と過ごすことは子どもにとっても、親にとっても大切なことですね。

いかがでしたか?
現代の食は多くの問題を抱えています。食によって子どもの性格や将来も決まってしまうので、食について正しい知識を得ることが重要です。
食育の取り組みはさまざまなものがありますが、ファーストステップとして「子どもと楽しく食事をとる」ことから始めましょう!
次回は噛むことの大切さについてお伝えします。