ベビーサインとは、簡単な手話やジェスチャーを使って、まだ上手に喋れない赤ちゃんとコミュニケーションをとる育児法です。1990年代にアメリカで始まって以来、2000年以降は日本でも多くのお父さんお母さんが実践しています。

なぜベビーサインを教えるの?

「声を使って話す」のは簡単なようで実は難しいこと。きちんと発声するためには口や喉の筋肉、言語能力の発達が必要だからです。それに比べ、手や指は比較的早くから動かすことができます。ベビーサインを教えてあげることで、赤ちゃんも自分の言いたいことを上手に伝えることができ、親子のコミュニケーションが楽になります。

ベビーサインを始める時期とは

赤ちゃんの成長により個人差はありますが、ベビーサイン協会では6カ月~1歳半をベビーサインを教え始める適齢時期として推奨しているそうです。目安としては、お座りができ、指さしが始まった頃。また、歩き始めてからだとより早くスムーズにサインを覚えることができます。

ベビーサインの教え方

サインは、日本手話・アメリカ手話・簡単なジェスチャーがベースになっています。最初に教えるサインは「ミルク」「もっと」「おしまい」、そこから徐々にバリエーションを増やしていき、最終的には60~70個のサインが使えるようになります。

ベビーサインを習うために、特別なスクールなどに通う必要はありません。普段の生活の中で、語りかけに手の動きを添えてあげるだけでOK。何度も同じ動きを見るうちに、赤ちゃんが自分から覚えてくれるはずです。

ベビーサインを教える上で、気をつけること

・ 焦らずゆっくりと

最初のうちはなかなかサインを覚えてくれないかもしれませんが、焦りは禁物。「そのうち覚えてくれればいいな」くらいの気持ちでゆっくり行いましょう。

・ 赤ちゃんの目を見て行う

赤ちゃんが他のものに集中しているときではなく、向き合ってアイコンタクトをしっかり取りながら教えてあげるのがオススメ。お母さんの表情からも何か読み取ってくれるかもしれませんね。

・ サインを教える時間を作るのは不要

わざわざベビーサインを教えるための時間をつくる必要はなし!教えるつもりで行うと、お母さんも赤ちゃんもストレスが溜まってしまいます。普段の会話の中にサインを取り入れ、それを毎日繰り返すことで、赤ちゃんは理解し自然に覚えてくれるはず

ベビーサインを教える第一歩

まずはどんなベビーサインがあるのか、本やDVDを使って勉強してみましょう。それでも不安な場合は、近所でベビーサイン教室を行っているところがないかチェック!ベビーサインに関する質問はもちろん、育児全般についての相談もできるのでお母さんにとっても良い気分転換の場になるはず。

親子で楽しくベビーサインを学び、コミュニケーションツールとして利用してくださいね。