血糖値に悩まれている方もいらっしゃるかと思います。血糖値が高い方は日々の食生活で改善を図ろうと考えている方も少なくありませんが、その他にもさまざまな観点から生活習慣を見直していくことでより効果が現れやすくなるでしょう。
それでは血糖値が高い場合、どのような生活習慣を取り入れていくべきなのでしょうか?
今回は血糖値が高めな方にオススメする運動についてご紹介します。

そもそも血糖値が高いとなぜいけないの?

私たちの体に流れている血液には「ブドウ糖」と呼ばれる糖分が含まれています。このブドウ糖を必要なエネルギーに変換することで私たちは活動することができているのです。
ところがこのブドウ糖が体内に過剰に存在している「高血糖」の状態だと、体はそのブドウ糖を何とかして使わなければならないと考えるようになり、普段とは別の成分に変換するようになります。
この時「ソルビトール」という成分が作られるのですが、これが体に悪影響を与えてしまうかもしれません。

ソルビトールが過剰に増えると血管壁を傷つけてしまいます。人間の体は負荷を与えるとその部分を強くする特徴があるため、一度傷ついてしまった血管壁は同じように傷つかないように以前よりも厚くなって修復されます。血管が厚くなることで、血液の通り道が狭まり、血行不良になりやすいです。血流が悪くなることで酸素や栄養の供給効率が悪化してしまいます。

また他にも血管そのものにブドウ糖が増えるため、血液そのものがドロドロしてしまうため、それも血行不良を深刻にしている問題の1つとして考えられます。
他にもソルビトールは血管壁以外にも神経そのものも傷つけてしまう可能性があることも注意すべきポイントです。最悪手足の感覚がなくなり、痛みにすら気づきにくくなるため、治療そのものも遅れてしまう危険性もあります。

血糖値を上げないためにはどのようにすればいいのか?

今ではテレビ番組やニュース、書籍でも取り上げられているような、炭水化物を制限したダイエットというものも有名になりましたよね。このような糖質制限で取り上げられているように、炭水化物の過剰摂取は血糖値を引き上げてしまう原因につながってしまうので、あまり食べ過ぎないことは心がけていきたいものです。
他にも食事をあまり噛まずに「早食い」をしてしまうと満腹を感じる前に食事をどんどん進めてしまうため、過食の危険性もあります。しっかりと噛むことも血糖値の上昇を抑えるのに効果的です。可能であれば1回の食事では20分ほどの時間を使って食べ進めていきましょう。

血糖値を抑えるには、このような「食べ方」を改善することは比較的有名ですが、血糖値を改善させるためには食事以外でも生活習慣を見直していく必要があります。その1つとして考えられるものが「運動」でしょう。
ただし運動といっても血糖値改善に効果的な運動と、あまり効果が見込めない運動があります。これらの違いを把握し、血糖値改善に効果がある運動を日々の生活に取り入れていくことが大切です。
それでは血糖値改善の効果が期待できる運動とは一体どのようなものなのでしょうか?

血糖値改善に効果がある運動とは?

血糖値を改善させ、糖尿病のリスクを軽減させたいと考えるのであれば、あまり負荷がかからない「適度な有酸素運動」を継続して行うことが大切です。

有酸素運動を行うことでエネルギーを消費させることができます。エネルギーは血中のブドウ糖がそれにあたるため、ブドウ糖が血液内で過剰になっている状態を防ぐことができるのです。
他にも血糖値を整えるインスリンが活発になり、ブドウ糖を取り込みやすくなり、血糖値のコントロールの改善も期待できます。

例えば「ウォーキング」「ジョギング」「サイクリング」などが有酸素運動として有名です。これらのうち生活に取り入れやすそうなものを選び、週に3日〜5日ほど行ってみましょう。時間は1回に30分ほど。

明け方や夕方など時間帯に関する制限は特にありませんが、「食事をとった直後」「起床直後」は避けておいたほうがいいでしょう。食事をとった直後は心臓に送る血液の量が減ってしまい、身体の負荷が大きくなってしまいます。このため食後30分〜60分ほどで運動を始めることが大切です。また、起床直後は血液がドロドロになっているケースが多いため、水分補給を欠かさずに、血液がサラサラになったタイミングで運動することを心がけましょう。

自分の体調に合わせた有酸素運動を取り入れることが大切

血糖値改善を意識するためには運動は非常に効果的ですが、ご自身の健康状態に合わせて行うことが非常に大切です。例えばすでに糖尿病を患っている場合は、負荷のかかりすぎる運動を行ってしまうと、血糖値が大きく乱れたり、狭心症や心筋梗塞につながるリスクもあります。
血糖値を改善したい方は、一度医師の診療を受け、そこで行うべき運動の負荷レベルを質問することも一つの選択肢として考えてみてもいいでしょう。
ご自身のコンディションに合わせ有酸素運動を取り入れていくことが、血糖値を改善させるカギとなります。どうしても運動を継続できない、あるいは医師から運動の制限を受けている場合などは、しっかりと食生活を見直したり、場合によってはサプリメントなどを活用し、血糖値をコントロールしていく努力が非常に重要です。

血糖値が下がる効果の高いコントロールサプリメントはこれ